トップ>イベント>ネーデルラント

物語

祖国独立を夢見る血気盛んな若者たち。
そんな彼らに多大な影響力を持つ2人の男、主戦派のホールンと穏健派のエグモントは折り合い悪く、独立運動はまとまりを欠いていた。
ある日あなたは、そんな両者と親交のある運び屋フレデリクに遭遇する。

序章:旅立ち

  • あらすじ
    バルト海における交易で、大きく発展しつつあるネーデルラント。
    その最大の都市アムステルダムで、プレイヤー名は航海者としての一歩を踏み出した。

1章:あらがう若者たち

  • あらすじ
    この頃ネーデルラントはイスパニアの属領でありイスパニアの重臣アルバ公は、重税を課すなど、ネーデルラントへの圧迫を強めていた。
    不満を募らせた若者たちは独立運動を起こすが、アルバ公は腹心の軍人イネスに命じ、これを厳しく取り締まった。

    ここは、アムステルダムの広場。街の人々を前に若者ホールンが演説していた。ネーデルラント独立の必要性を説き、アルバ公と戦うべきだと訴えているのだ。
    そこへ、イスパニア兵の襲来を告げる声。
    ホールンは迎え撃とうと呼びかけるが、応じる者はいない。
    すると、どこからか男が現れ、あくまでも戦おうとするホールンを諌める。フレデリクと呼ばれた男はホールンを逃がし、その場に残る。

    やがて、フレデリクとプレイヤー名は、イスパニア兵に取り囲まれる。
    兵にホールンの行き先を問われたフレデリク。彼は嘘を教え、かく乱しようとするが、イスパニア兵の指揮官イネスに見抜かれそうになる。
    しかし、プレイヤー名が口裏を合わせたことで、イネスは部下と共に去っていく。

    フレデリクは、プレイヤー名をすっかり気に入り、一杯おごるからと酒場へ誘う。彼の仕事は、豆一粒から軍艦まで、何でも運ぶ運び屋だという。

    フレデリクは酒場で、改めてプレイヤー名に独立運動組織を率いるホールンを紹介する。ホールンは、プレイヤー名がイスパニア兵を追い返すのに協力したと聞き、自分の組織に勧誘する。
    フレデリクがその場をとりつくろい、ことなきを得るが、そのフレデリクもまた、ホールンが仲間に加えようとしている人物だった。

    フレデリクは酒場を出ようとするプレイヤー名に、強引に手紙を預ける。そして、総督官邸のエグモント政務官に届けてほしいと頼み込んだ。

    フレデリクの手紙入手

    総督官邸では、商人が政務官エグモントにイスパニアの介入をいつまで許すのかと陳情していた。エグモントは、ネーデルラントにはイスパニアに抗する力はなく、アルバ公の逆鱗に触れれば、独立は成しとげられなくなると商人を諭した。
    その弱気な姿勢に、商人は陳情をあきらめる。

    預かってきた手紙を、エグモントに渡すプレイヤー名。手紙には、ポルトガルのサルミエント商会が、エグモントへの資金提供を断ったと記されていた。
    肩を落とすエグモント。彼もイスパニアの干渉をはねつけたいと考えていた。しかし、そのための資金を調達できずにいたのだ。そんなエグモントの考えを理解する者は少なく、実力行使に出る者までいて、アルバ公の介入に拍車がかかるばかりなのだという。
    エグモントの苦悩する姿に同情しつつ、総督官邸をあとにするプレイヤー名

    歴史書入手

2章:幼き日の記憶

  • あらすじ

    港前でフレデリクに話しかけるとスタート
    条件:30日経過でイベント発生


    数日後、プレイヤー名は、フレデリクと再会する。フレデリクは、依頼された品をハンブルクに受け取りに行くところだった。彼は、自分の船だけでは運びきれないので手伝ってほしいと頼んでくる。
    フレデリクの船は、速度を重視するために船倉が小さいのである。

    造船所近くにいるテルボルヒに話しかける
    ハンブルクに着いた二人は、取引相手の闇商人テルボルヒを探してまわる。

    二人はテルボルヒを見つけ、荷物を受け取る。
    すると、背後からフレデリクを呼ぶ声がする。

    声の主は、イングランド海軍のゴードンだった。
    フレデリクとは、ミドルトン卿ウィリアムとその妹ライザを通じての古なじみだという。
    そのライザも街にいると知り、フレデリクは久しぶりに会いたいとゴードンに告げる。
    そのとき、港のほうで騒ぐ声。フレデリクはゴードンと共に、様子を見にいく。

    港では、フレデリクの船がイスパニア兵によって接収されようとしていた。
    フレデリクは危険を察し、ライザと会うのはあきらめ、いったん身を隠すとゴードンに告げる。またプレイヤー名には、受け取った荷物を自分の代わりにホールンに届けてほしいと頼み、去っていく。

3章:相容れぬ主義

  • あらすじ

    アムステルダムの広場でホールンに話しかけるとスタート

    ホールンのもとを訪ねるプレイヤー名
    ホールンは、プレイヤー名がフレデリクの代理として荷物を運んできたと知り、大喜びで迎え入れる。

    20,000D入手

    そこにホールン派の兵士が駆けつけ、組織への参加を希望している青年がいると告げる。
    ホールンはプレイヤー名に青年の人物を見極めてほしいと依頼。工房裏の路地へ向かう。

    ホールンは青年に、独立を勝ち取るには、強硬な手段が必要だと語る。危険は覚悟のうえで来たという青年を、すでに気に入っている様子。
    そこに、またホールン派の人間が来て、酒場でエグモントがホールンを批判していると知らせる。
    ホールンは激昂し、酒場へと走っていく。

    エグモントは、ホールン派の若者に、行動に出るよりまず力を蓄えるべきだと訴えていた。そんなエグモントに殴りかかるホールン。そして、仲間をたぶらかすなと怒鳴りつける。
    エグモントは、ホールンのやり方を批判し、酒場から逃げ去っていった。

4章:フレデリクの周旋

  • あらすじ

    ヘルデルに上陸するとスタート
    条件:30日経過でイベント発生

    何日かたったある日、ヘルデルに寄港したプレイヤー名は、偶然フレデリクと再会する。ハンブルクで別れたあと、なんとかイスパニア兵から逃げのびたのだという。
    フレデリクはプレイヤー名に、ホールンとエグモントが争っていると聞かされると、一枚のメモを差し出し、エグモントに渡してきてほしいと頼み込む。

    フレデリクのメモ入手

    エグモントは、ネーデルラント総督官邸にいます

プレイヤー名から渡されたメモを読んだエグモントは、すぐフレデリクの邸宅へ連れていってほしいと頼み込む。
メモには、ロンドンのダケット商会が、資金を援助すると書かれていたからである。

アムステルダムにあるフレデリク邸に向かう

喜び勇んでやって来たエグモントに、フレデリクは資金援助の件は嘘だと明かす。
怒るエグモント。フレデリクは、独立のためにと商人に援助を求めたところで、信用がなければ協力してもらえない。ホールンと手を組んで兵をそろえ、商人の信用を得てはどうかと勧める。
だがそこへ、エグモントの部下が報告に訪れる。

ホールンがまた、イスパニア兵を襲撃したというのだ。総督が窮地に追いやられると、青ざめるエグモント。
「展望のない連中とは手を組めない」と言い放ちフレデリク邸から立ち去っていく。

フレデリクは、次の説得の機会を待つしかないとあきらめ顔でつぶやく。

15000D入手
交易名声40獲得

5章:対立の原点

  • あらすじ

    アムステルダムに寄港するとスタート
    条件:30日経過、他にもなにかあるかも?

    ホールンが襲撃事件を起こしたことで、イネスはネーデルラント弾圧の口実を得る。そして彼女は独立運動の関係者を次々に逮捕する。
    プレイヤー名も、街でイスパニア兵に呼び止められ、連行されそうになる。しかし、そこに現れたフレデリクに助けられる。

    息をつく間もなく、今度は船乗りがフレデリクに助けを求めに来る。酒場で、ホールン派とエグモント派の若者たちが、いざこざを起こしたというのだ。
    「こんなときに何やってんだ!」と、酒場へ駆けていくフレデリク。

    プレイヤー名が酒場に行ってみると、喧嘩はすでに収束していた。フレデリクは、これから言い分を聞くところだという。

    ホールン派とエグモント派、双方から事情を聞くフレデリク。両派の若者は、相手の考え方を認めるわけにいかないと、口をそろえる。

    聞けば、両派の争いの遠因は、ホールンがエグモントを中傷したことと、エグモントがホールンを騙したことだった。
    フレデリクは、以前はホールンとエグモントの仲が良かったことを知り、二人の指揮官に会って、関係が悪化した原因を探ろうとする。
    そして、ホールンが身を隠すカレーへと向かう。

    出航所(港前)の船員に話す

    その後、酒場に移動しホールンと話す

プレイヤー名とフレデリクは、ホールンと再会する。
ホールンの組織は資金繰りに困っている様子だった。それはさておき、エグモントとの確執について聞くフレデリク。
ホールンは、騙されたのは自分ではなく妹のアマリアだと話しはじめる。アマリアと恋仲にあったエグモントは、突然、一方的に別れを告げ去ったというのだ。アマリアは、傷ついた心を癒すため日々祈りを捧げているらしい。

ホールンから貴重な情報を得た二人。
今度は、エグモントのもとへ向かう。

エグモントのもとへ着いた二人は、彼にアマリアとの過去について尋ねる。エグモントはアルバ公の圧政に苦しむ人々を見て、独立運動に身を投じると誓い、そのためにアマリアに別れを告げざるを得なかったと語る。

対立の原因がアマリアにあるとわかった二人は、本人からことの真相を聞き出そうとする。
アマリアは祈りを捧げる日々だというホールンの言葉から、教会へと向かう二人。

6章:振り回す女

  • あらすじ
    予想通りアマリアは教会で礼拝していた。
    彼女は自分のもとを去っていったエグモントが、必ず戻ってくると信じ、祈りを捧げていたのだ。
    プレイヤー名とフレデリクは、エグモントについて尋ねる。

    つらく悲しい別れを思い出し、涙ぐむアマリア。
    エグモントは自分を捨て、他の女のもとへ走ったのだと訴える。
    フレデリクは、アマリアが誤解していると説くが彼女の耳には届かない。

    それでも必死に説得するフレデリクらの姿に、ついに心を動かされるアマリア。アマリアは二人にある頼みごとをし、それを果たせば話を信用するという。頼みとは、敵国イスパニアで、金刺繍のショールを購入するというものだった。

    アマリアの頼みを引き受けたプレイヤー名とフレデリクは、イスパニアへ向け、出港準備を整える。

    この先は西地中海の入港許可証が必要

    出航所で、役人に行き先を尋ねられたアマリアはイスパニアまで買い物に行くと答える。すると、近くで話を聞いていた男が絡んでくる。敵国を利する行為だ、と。しかし、フレデリクが気転を利かせ、その場を上うまく切り抜ける。 こうして一行は、無事、アムステルダムをあとにする。

    バレンシア銀行前の道具屋の向かって左隣の行商人と話す

プレイヤー名たちは、バレンシアの行商人から金刺繍のショールを購入する。所望の品を手に入れてよろこぶアマリアは行商人にネーデルラントでの行商をすすめる。ネーデルラントがイスパニアの支配下になれば、商いに行くかもしれないと笑う行商人。 その言葉に、アマリアは顔を曇らせる。

50000D支出

目的を果たした一行は、ネーデルラントへ向け出航する。

冒険名声60獲得

帰国後、アマリアは約束通り、フレデリクに全面的な協力を誓う。
ホールンとエグモントの和解に、活路を見出したフレデリクは、次なる作戦を練るべく、プレイヤー名とアマリアを自宅へ案内する。

50000Dの返却を受ける

邸でフレデリクは、ある作戦を提案する。ホールンとエグモントを、強引に対面させ、その場で二人を説得しようというのだ。
それは失敗すれば関係をさらに悪化させる、イチかバチかの賭けだった。しかし、プレイヤー名は賛同し、エグモントを誘い出すべく総督官邸へと向かう。

資金提供契約書を入手


7章:和解

  • あらすじ
    総督官邸を訪れたプレイヤー名はアマリアの誤解が解けたとエグモントに伝える。安堵するエグモントにニセの書類を渡し、総督官邸から誘いだすプレイヤー名。そして、エグモントをホールンとの会談の場となるボルドーの酒場に案内する。

    ボルドーの酒場。そこでホールンとエグモントは予期せぬ出会いに仰天し、アマリアのことで激しく罵り合う。

    そこへフレデリクに連れられたアマリアが入ってくる。アマリアは、ことの発端は自分の勘違い、争うのはやめてほしいと二人に懇願する。驚くエグモントとホールン。

    すかさずフレデリクが、組織を率いるホールンと政務官という立場のエグモントの両者が抱える問題点を指摘。二人が組めば、互いの欠点を補えると持論を展開する。その言葉に、突き動かされるエグモントとホールン。ついに、活動資金の調達を条件に手を組むことを約束する。

    ようやく和解にこぎつけたフレデリクは、独立運動組織の活動資金を調達すべく、プレイヤー名と共にアムステルダムの豪商、ビッケルのもとへ急いだ。

    フレデリクは、豪商ビッケルに独立運動組織への融資を持ちかける。が、ビッケルは興味を示さない。だがフレデリクがホールンとエグモントが組むことを伝えると、次第に目を輝かせる。こうしてフレデリクは、融資の取り付けに成功する。

    交易名声60獲得

    活動資金を得たことで、かねてからの約束通り、ホールンとエグモントは手を組むこととなる。新たな組織『海の旅団』が結成され、ホールンが司令官に、エグモントがその補佐に就任する。こうして、ネーデルラントの独立運動に、新たな歴史が刻まれることになる。

    『海の旅団』の結成という偉業を成し遂げたフレデリク。しかし、組織をホールンとエグモントに任せ、自分は仕事に戻るという。するとアマリアも、「新たな恋を見つけた」と、フレデリクについていく。

    アムステルダム前の洋上『海の旅団』兵士とホールンをクリック

アムステルダムに寄港すると発生
条件:30日経過

活動を開始した『海の旅団』。近づく敵艦隊をことごとく駆逐しているという。プレイヤー名は、司令官ホールンがアムステルダム近海を巡視中であると聞く。

ホールンの船と遭遇したプレイヤー名。その時敵と思しき船影を発見、臨戦態勢に入る。ホールンは、プレイヤー名にも協力を要請する。

イスパニア艦隊との戦闘(戦闘用キャラック*3)
(戦いに参加せずに傍観してると、ホールン達は負けてしまう)
(冒19/交17/戦11、キャラック(中型)、デミキャ10+10+8、海事(砲術、修理、応急処置のみ)、資材30/弾薬20、旗艦撃破を狙えば長期戦になることも無い、08/06/28)

名工の大工道具2入手

見事、敵艦隊を撃破したプレイヤー名と『海の旅団』。ホールンは、アルバ公との戦闘を有利に進めるため、北の湾を目指すと告げ、プレイヤー名と別れるのだった。

『海の旅団』の活躍によって、イスパニアの脅威をはねのけていくネーデルラント。アムステルダムは独立を果たしたかのような錯覚に酔いしれ、活気に満ちあふれる。

8章:弾圧強化

  • あらすじ

    アムステルダムに寄港すると発生
    条件:30日経過

    ある日プレイヤー名は、街で医薬品が不足していることを知る。イスパニア軍の動きが活発になり、負傷者が出たらしいのだ。
    プレイヤー名は真相を確かめるべく、フレデリク邸へ向かう。

    邸内では、ホールンとエグモント、それにフレデリクが、悲痛な面持ちで協議している。
    イスパニア軍による、『海の旅団』への弾圧が本格化し、それにより、街の人々への被害が出てきているという。

    フレデリクは、まず続出する負傷者を救うため、医薬品を入手すべきだと主張。プレイヤー名に、アレクサンドリアの商人から医薬品を購入するのを手伝ってほしいと頼み込む。

    アレクサンドリアに向け、出航準備を整えるプレイヤー名。フレデリクは、東地中海への入港許可状を持っているのであれば、すぐに出航してほしいという。

    プレイヤー名とフレデリクは、アレクサンドリアに着く。目当ての商人は、店を持たず路上で商いをしている行商人だという。
    (行商人は交易所横にいます)

    行商人を見つけたフレデリクは、さっそく交渉に入る。弁舌巧みに、医薬品のほか食料や日用品の仕入れも考えていると告げ、交渉を有利に進めるフレデリク。やがて行商人は取引を承諾する。
    こうして医薬品を入手する段取りをつけた二人はアムステルダムへと引き返す。

    帰港した二人に、出航所役人は、総督に成果を報告するように勧める。
    こうして、プレイヤー名は総督官邸へ、フレデリクは『海の旅団』のもとへ、それぞれ報告に向かうこととなる。

    プレイヤー名は、ネーデルラント総督に謁見。総督は、医薬品購入のメドが立ったことを聞き、安堵する。プレイヤー名はその功績により恩賞を授かることに。

    30,000D入手
    海軍出動要請書入手
    交易名声を100獲得

9章:最悪の再会

  • あらすじ
    条件:30日経過でイベント発生
    しばらくたったある日、プレイヤー名はアムステルダムの酒場で、『海の旅団』の船員と出会う。
    近況をたずねると、船員は気がかりなことがあるという。妙な胸騒ぎをおぼえたプレイヤー名は、ホールンとエグモントがフレデリク邸へ向かったと聞き、酒場をあとにする。

    フレデリク邸では、フレデリクがホールンとエグモントから依頼を受けたところだった。
    依頼はジブラルタル海峡付近で消息を絶った、医薬品を運ぶ『海の旅団』輸送船の行方を調査するというものだった。
    ホールンとエグモントは、プレイヤー名にも協力を要請。プレイヤー名は依頼を引き受ける。

    セウタの酒場で、プレイヤー名とフレデリクは、輸送船の情報を手に入れる。
    船は沈められ、負傷した乗員たちは、街で療養しているという。
    そこへ偶然『海の旅団』の兵士が現れる。

    兵士の話を聞き、フレデリクは凍りつく。輸送船を撃沈したのは、イングランド海軍ミドルトン家の船だと判明したからである。

    衝撃の事実を受け入れられないフレデリク。真相を確かめるべく、プレイヤー名と共に、ロンドンのミドルトン邸へと急ぐ。

    ロンドンに着くなりミドルトン邸に駆けこむフレデリク。突然の来訪者に驚くライザに、彼女が攻撃したのは、独立運動組織の船だと告げるフレデリク。
    ネーデルラントの置かれている立場や、自由と未来のために戦う組織の存在を知っていたライザは、ショックのあまり卒倒してしまう。
    驚いたフレデリクはゴードンと共に、医者を連れてこようと邸宅を飛び出した。

    邸宅を飛び出したフレデリクとゴードンの前に、『海の旅団』の兵士が駆けこんできた。イネス率いるイスパニアの艦隊がアムステルダム近海へ押し寄せているという。
    『海の旅団』の応援のため、フレデリクは、やむをえず別行動をとることとなった。
    一方、プレイヤー名とゴードンは、すぐさま医者を連れてミドルトン邸に戻った。
    ライザは過労と診断され、しばらく自宅で療養することとなる。

    冒険名声60獲得

    独立運動組織に損害を負わせ、ネーデルラントの人々に迷惑をかけたことを悔いるライザ。
    せめてもの罪滅ぼしにと、沈めた船が積んでいた医薬品を手に入れるため、ゴードンを向かわせているとプレイヤー名に話す。

    ミドルトン邸を出ようとするプレイヤー名に、ライザは、今後もフレデリクの力になってほしいと頼む。
    プレイヤー名は、ライザの切なる願いを快く引き受けるのだった。

10章:悲傷を乗り越えて

  • あらすじ
    アムステルダムの出航所で、プレイヤー名は、『海の旅団』の兵士に呼び止められる。
    イスパニア軍との戦闘で、ホールンの身に何かが起こったらしいというのだ。
    プレイヤー名は、皆の待つフレデリク邸へと急ぐ。

    プレイヤー名が奥の部屋に通されると、フレデリクやエグモント、アマリアに囲まれて横たわる、ホールンの姿があった。彼は先の戦闘で瀕死の重傷を負っていた。
    だがホールンは、『海の旅団』を率い戦った日々を悔いることはなかった。
    そして「胸を張って生きることは、死ぬことよりも難しい」との言葉を最後に、息を引き取る。

    ホールンの死に、邸内は深い悲しみに包まれる。そこへエグモントの配下が駆けつける。
    アルバ公は議会への圧力を増し、議会では『海の旅団』を国外追放せよ、との声もあがっているという。
    戦力と信頼を失った『海の旅団』は、新たな寄港地を探し当てるまで各地に散ることを決断する。

    出立しようとするプレイヤー名をフレデリクが呼び止める。
    ライザが快方に向かっていることを聞き安堵するフレデリクであったが、ライザの兄・ウィリアムが逮捕されたことを知ると一転険しい表情になる。
    そして、事件の真相を探ってほしいとプレイヤー名に依頼し、足早に去っていく。

11章:冤罪

  • あらすじ

    (まずはロンドン広場の商人NPCと会話する)

    プレイヤー名はウィリアム逮捕の真相を確かめるべく、ロンドンを訪れる。まずは、多くの情報を得るため、酒場へ向かいアンジェラと会話する。

    ウィリアムがキリングリュー伯爵に逮捕されたという情報を得て、プレイヤー名は王宮へと向かう。

    プレイヤー名は王宮に着くが、衛兵に行く手を阻まれる。しかし、暗に要求された賄賂を渡し、事件の一端を知る。

    賄賂1000D出費

    ウィリアム逮捕はイスパニアの密偵の自供によるもので、容疑は国家への反逆だという。
    この情報をフレデリクに伝えるため、プレイヤー名は、アムステルダムに帰る。

    フレデリク邸を訪ねたプレイヤー名は、アマリアに出迎えられる。彼女はフレデリクと婚約し、留守を預かっているという。
    プレイヤー名は、フレデリクが『海の旅団』と共にカーボヴェルデへと旅立ったと聞く。
    こうしてフレデリクに会うべくカーボヴェルデを目指すこととなった。

12章:新生する旅団

  • あらすじ
    出航準備を整えるプレイヤー名。アルバ公が各地に艦隊を派遣し、『海の旅団』の拠点を探しているという噂を聞く。

    カーボヴェルデに着いたプレイヤー名はフレデリクやエグモントらと再会。
    彼らにアルバ公が『海の旅団』の動向を探るべく艦隊を派遣していることを伝え、注意を促した。

    50,000D入手
    戦闘名声100獲得

    またプレイヤー名は、フレデリクにウィリアム逮捕の真相を伝える。
    話を聞いたフレデリクは密偵の自供に不審を抱き、キリングリュー伯爵とアルバ公とのつながりを疑う。
    一方、ホールンの後任として司令官となったエグモントは、アルバ公との衝突を避けるべくさらに南へと隊を移動させるという。

    後発隊として、警戒を続けていた『海の旅団』の兵士が、正体不明の艦隊がカーボヴェルデに近づいてくるのを発見する。
    すでに本体が出航した今、洋上の戦闘に勝ち目がないと、フレデリクは陸上での戦いを指示する。

    やがてフレデリクとプレイヤー名は、敵と思しき兵を、近くの邸宅に拘留したとの報告を受ける。
    尋問のため、邸宅へと向かう二人。
    邸宅に着いたフレデリクとプレイヤー名は、一瞬、目を疑う。捕縛されていたのはライザとゴードンだった。
    ライザは入ってきたのがフレデリクだと気付くや自分の犯した過ちを謝罪する。そんなライザを咎められるわけもなく、フレデリクはいたわりの言葉をかける。

    ライザは、キリングリュー伯爵の命令で、来たという。それを聞き、フレデリクは『海の旅団』の壊滅を企むアルバ公とキリングリュー伯が結託していると確信する。
    そして、イングランド海軍と『海の旅団』の無益な戦いを避けるため、ライザにウィリアム逮捕のきっかけとなったイスパニアの密偵を捜し出し、真実を聞き出してほしいと頼む。

    出発を前に、ライザを励ますフレデリク。別れを惜しむかのように、フレデリクはライザを浜辺へと誘う。

    浜辺にたたずむ二人。フレデリクはさりげなくライザへの想いを伝える。
    困惑したような表情を見せるライザ。
    フレデリクは気まずい雰囲気を振り払うかのように、アルバ公とキリングリュー伯爵の結託の証拠を見つけると誓う。

    密偵の探索に向かう、ライザとゴードン。
    フレデリクもまた『海の旅団』と合流すべく、旅立っていった。

    出航所前のNPCに2回話かけてから戻らないと、アムステルダムに日数経過後に入港しても話しが進まないので注意


13章:謁見を目指して

アムステルダム港に入港してスタート
条件:12章終了から30日以上経過

  • あらすじ
    アムステルダムに帰ったプレイヤー名
    イスパニアは、議会に使者を送り『海の旅団』の関係者を引き渡すよう、迫っているとのこと。

    プレイヤー名は、フレデリクの屋敷を訪れる。

    このままでは、独立勢力が消滅してしまうと危惧したフレデリクは、『旅団』を本国近くまで帰還させようと画策する。
    独立の旗手であるエグモントさえ帰還すれば国内の独立派が勢いを取り戻すだろうとの、目論見があるためだ。
    しかし、ただ帰ってきては、みすみすアルバ公の餌食になるようなもの。
    そこで、フレデリクはイングランド海軍を戦いに巻き込み、敵戦力を分断しようと決断する。
    そこへ思わぬ訪問者が現れる。ライザであった。
    ライザはフレデリクとプレイヤー名に、ある相談を持ちかける。

    『旅団』とイングランド海軍が提携できないか。
    望んだ話が向こうから転がり込んできたこともあり、フレデリクはこれに賛同。
    イングランド女王との交渉の根回しを引き受け、プレイヤー名と共にロンドンへ。

    ミドルトン邸でゴードンから情報入手

    財務官トマス・グレシャムを説得すれば、女王に近づけるとの伝言を受けた二人は、トマスの屋敷があるプリマスへと向かう。

    提携案を聞いたトマスは、実力次第では力を貸してもよいと言い、ロンドンの商館から15日以内に財務表をとってくるよう命じる。

    ロンドン商館街のNPCから財務表入手

    無事、財務表を受け取った二人は、再びプリマスへ戻る。


    天使の置時計入手
    交易名声100獲得

    この働きにより、二人を信頼に値すると判断したトマスは、『旅団』との提携を女王に進言すると約束する。
    ただし、女王の判断が下るまでには、数日の猶予が必要だという。
    そこで二人は、呼び出しがあるまで、いったん、それぞれの仕事に戻ることにする。

    30日 15日(?)経過.プリマス寄航時に呼び出しを受ける.


後日、トマスの呼び出しを受けたプレイヤー名

女王は提携案を、おおむね了承したとのこと。
そこで、プレイヤー名とフレデリクは、『旅団』の団長であるエグモントを連れ、ロンドンの王宮に出頭することに。

フレデリクは、アムステルダムで落ちあおうと告げ、ライザを迎えに行くため、去っていく。


14章:熱帯の追走

  • あらすじ
    (アムステルダム港前噴水からスタート)
    アムステルダムにて、フレデリク、ライザ、ゴードンと合流したプレイヤー名
    ライザたちは、謁見の機会に乗じて、ミドルトン卿の冤罪を晴らしてやろうと、鼻息も荒い。
    一行は『旅団』に会うべく、アフリカ南部のルアンダを目指すことに。

    ちょうどその頃、港ではネーデルラントの民間船が、イスパニアの哨戒艦隊の攻撃を受けていた。フレデリクはこれを見逃すわけにはいかないとイングランド女王の認可を盾に反撃を決意する。

    軽ガレオン級4隻と戦闘
    (冒/交/海=25/20/14、ピンネース、ハイペリエx32、海事(砲術/修理/回避/水平/応急)で辛勝)(08/08/09)

    戦闘後名工の大工道具を5入手

    見事、敵艦隊を撃破したプレイヤー名たち。その戦利品の中から暗号で書かれた書簡を見つける。

    一行はようやくルアンダに到着。
    だが、そこにイスパニアの追討艦隊が迫る。

    重キャラック級3隻と戦闘
    (冒/交/海=43/30/25、ガレオン(大型)、名匠ハイペリエx42、偶然旗艦に船尾クリが決まって辛勝)(09/11/02)

    戦闘後、名工の大工道具10を入手

    ルアンダに再上陸後『海の旅団』兵士から修理代50000Dを入手

    戦闘名声を100獲得

    プレイヤー名の活躍で、何とかこれも撃破した一行は、エグモントの居場所を聞くため、ルアンダに駐屯する『旅団』兵士の元へ。

    兵士によれば、エグモントはイスパニアの追求を逃れ、さらに南へ向かったという。

    そこへ、ゴードンが駆け寄ってくる。 アムステルダム沖のイスパニア船から見つけた書簡の暗号が解けたらしい。
    書簡は、アルバ公がキングリュー伯爵へ宛てたもので、イングランド海軍を弱体化するよう催促する内容だった。
    もはや一刻の猶予もないことを悟った一行は、エグモントを探すべく、南へ進路をとる。

    アフリカ南端の街・ケープに到着した一行。
    港に停泊する艦船を見て、エグモントがここに滞在していることを確信する。

    久しぶりに再会したエグモントとフレデリク。エグモントは、イングランドとの提携を快諾。さっそく、女王の待つロンドンの王宮へ向かう。

    ※サセックス伯

王宮で、とうとう女王との謁見を果たした一同。
女王は、『旅団』が沿海警備の任につく見返りにロンドン港を自由に使うことを許す。
そして、提携の功労者として、フレデリクに恩賞を与えようとする。

だが、彼はそれを、真の功労者であるプレイヤー名に与えて欲しいと固辞。

50,000D入手

さらには、もう一人の功労者としてライザを紹介する。
ライザは、ここぞとばかりに兄の冤罪を訴える。

※再度、サセックス伯経由

密偵とアルバ公の密書。
二つの動かぬ証拠を前にしては、女王といえども過失を認めざるを得なかった。
ただちに釈放されるウィリアム。
自らの過ちを謝罪した女王に、ライザは改めて忠義を誓うのだった。

王宮を出た一行は、お互いの健闘を称えあうと、それぞれの任務へと戻っていく。
プレイヤー名とフレデリクもまた、ひとまず、アムステルダムへ戻ることに。

アムステルダムでは、『旅団』帰還の噂が、まことしやかに囁かれていた。

プレイヤー名たちの証言で、エグモントの帰還が事実だと知った独立派貴族たち。
彼らは、穏健派の蟄居令を無視し、『旅団』と共に戦うことを誓う。
フレデリクは、プレイヤー名にひとまず別れを告げ、いずれ来たるイスパニアとの戦いに向け、武器の調達にでかけていくのだった。


15章:胸を張って生きるために

アムステルダム広場で若者に話しかけるとスタート
条件:14章終了から30日以上経過

  • あらすじ

    ある日、アムステルダムの街角で、独立派を支援する若者とであったプレイヤー名
    注文した武器を早く届けるよう、フレデリクへの伝言を託される。

    屋敷に行くと、フレデリクの元には、武器の注文が殺到しており、大忙しの様子。
    来たついでに、ロンドンで居候中の『旅団』に、軍資金を届けてやってくれと依頼されてしまう。

    しかし、ロンドン港では、その『旅団』の団員たちが、イングランドの監察官ともめていた。
    命懸けで戦っているにも関わらず、礼もなければ船の補修費用すら出さないイングランド側の対応に、団員たちの不満が噴出。
    一触即発となるが、団長エグモントが部下の非礼を詫び、その場を収める。

    プレイヤー名から軍資金を受け取ったエグモントは、自分たちの窮状を察してくれたフレデリクに感謝する。
    そして、金を届けてくれた礼として、プレイヤー名を酒場へと誘う。

    エグモントは、プレイヤー名から、祖国で独立の気運が高まっていることを聞き、喜ぶ。
    しかし、団員たちは複雑な表情。なぜなら、今の彼らは、イングランドの沿海警備に追われており本国の独立派を支援する余裕などないからだ。
    前団長ホールンの戦死以来、『旅団』は苦しい放浪を続けてきた。
    それを乗り越え、やっと北海に戻ってきたかと思えば、結局は無給でこき使われる毎日。 「いつまで、くすぶってなきゃならない」 そう愚痴る団員に、エグモントは、いずれ時期はくると諭す。
    そこに、伝令が駆け込んでける。

    イスパニアがインディアスの地で鉱山を発見し、近く、金塊の輸送船団が現地を出航するという。
    金塊を根こそぎ奪えば、自前の港も手に入ると、団員たちは色めき立つ。
    だが、エグモントは遠方にまわす余剰戦力がないことを理由に、襲撃を断念。
    団員たちに翌日の沿海警備に備え、休んでおくよう命じ、去っていってしまう。

    その翌日、プレイヤー名は、出向所の役人から、密かに一通の手紙を託される。
    それは、エグモントがフレデリクに宛てたものだった。

    フレデリクから20,000D入手

    手紙には、部下たちに過酷な立場を強いてしまったことへの悔恨の念、そして今回の輸送船団襲撃に賭ける決意が綴られていた。
    それを読んだフレデリクは、愕然とする。
    インディアスの金鉱など、儲け話に敏感な彼ですら、聞いたことがない。
    つまり、輸送船団の話は、敵が掴まされた偽情報である可能性が高い。
    プレイヤー名とフレデリクは、エグモントに襲撃を思いとどまらせるべく、ロンドンへと急ぐ。

    だが、すでにエグモントは、沿海警備の任務を途中放棄し、インディアスへ向かった後だった。

    エグモントが監察官に残した言葉を聴いたフレデリクは、その覚悟の重さに戦慄する。
    「胸を張って生きていくために、この機だけは逃すわけにはいかないのです」
    「胸を張って生きる」とは、前団長ホールンが死に際に残した言葉だった。
    「あいつを死なせるわけにはいかない」
    二人は、『旅団』が向かったハバナ港を目指す。

    ハバナでは、出撃の時を待っているエグモントの姿があった。フレデリクは、エグモントに慎重さを取り戻すように訴える。 すると、そこに、イスパニア艦隊出現の報らせがもたらされる。 現れた船は、輸送船ではなく、武装した軍艦ばかりとのこと。まさに、フレデリクが恐れていた通りの展開だった。
    『旅団』は、その機動力を生かし、艦隊を散開させて撤退することに。 集合は、サントドミンゴ沖と決まる。

攻略情報

6章で西地中海の入港許可証を入手したあと、バレンシアの交易商(道具屋脇)に話しかけ、50,000D渡す。
その後アムステルダムのフレデリク邸に行く。

7章で「海の旅団」が設立されたあと、アムステルダム沖でホールンに話しかけ、イスパニア艦隊と戦闘になる。
この戦闘ではプレイヤーは見ているだけでもいいが、ホールンが航行不能になってはいけない。

8章は7章の30日後にスタート。
プレイヤーとフレデリクはアレクサンドリアに医薬品を買いに行くため、東地中海の入港許可証が必要と思われる。
アレクサンドリアで交易所の隣にいる行商人に話しかけ、二つ目の選択肢を選択。
話したらアムステルダムに戻り、総督府に行く。

9章は8章の30日後にスタート。
アムステルダムの酒場で「海の旅団」の兵士と会話したあとフレデリク邸に行く。
海の旅団兵士はプレイヤーとフレデリクにジブラルタル海峡付近での船の行方不明について調査を依頼する。
セウタに行き、酒場で酒場マスター→海の旅団のリーダーと話し、次にロンドンに行ってライザと話す。
ライザとの会話が終わったらアムステルダムに帰る。

10章は9章からそのまま続く。
アムステルダムに帰ってフレデリク邸でイベントが進行したあと、フレデリクからプレイヤーに、ライザの兄が罠にはめられた真相の調査を依頼される。
出航所役人前にイベントマークつけたネーデルラント商人がいる模様。(伏線らしきセリフを言うので、話しかけるの必須?)

11章は10章からそのまま続くか、または名声値が必要かもしれない。
ロンドンで広場の中心にいる商人に話しかける。その後、酒場の看板娘と話し、王宮の衛兵と会話。「賄賂を1000Dよこせ」?
アムステルダムのフレデリク邸に行き、アマリアと会話。
西アフリカのカーボヴェルデにいるフレデリクに会うためには西アフリカの入港許可証が必要と思われる。

ネーデルの11章冤罪のころに、アムスに戻ると、港で医薬品が届いたことを喜ぶ会話イベントがありました。
その後、投資をしに総督府によると、議長に総督が話があると言われ、総督の下に・・・
『○○か
 よくぞ来てくれた』
『近ごろはアルバ公とイネス殿が
 内政に露骨に介入するように
 なっておってな・・・』
『貴殿はエグモントと付き合いがあったな
 『海の旅団』もこれまでのようには
 活動できなくなると伝えてくれ』
『これは これまで街に貢献してくれた
 ○○への礼代わりだ
 受け取るがよい』
で、60000Dを入手しました。

13章イベント履歴

  • アムステルダム港に入港時にメッセージが出てイベント開始
  • 広場に「!」付き若者が登場し、話しかけるとフレデリクが自宅に閉じこもっ ている事を告げる
  • ロンドンに行け、とは”ミドルドン邸で待つゴードン”のこと
  • プリマス酒場にいる「!」付き船乗りが『広場に面したお屋がトマスの屋敷』と教えてくれます
  • 商館で待つ男は広場から商館出航所に行く途中に登場
  • 15日以内に財務表をトマスに渡したところで「天使の置き時計」と「交易名声100」を獲得
  • 15日以内と言われても実際は関係なく文句言われながらも普通に進行するので置き時計はもらえます
  • トマスから呼び出される条件は不明です、検証求む
  • プリマスに自分から行かないとダメみたいです
  • 日数は不明
  • 航海日数で30日以上みたいです
    23章 墓の行き方は教会前で吹き出し付き教区牧師に話しかけると行けます
  • トマスの呼び出しは15日でも大丈夫でした。

重要人物

  • フレデリク(運び屋)
  • ホールン(独立運動組織指導者)
  • イネス(イスパニア軍人)
  • エグモント(政務官)
  • アルバ公(イスパニア重臣)
  • アマリア(ホールンの妹、エグモントの元恋人)
  • ライザ(英国軍人)
  • ウィリアム(ライザの兄、英国軍人)
  • ゴードン(ウィリアムの部下、英国軍人)
  • キリングリュー伯爵(英国女王の側近)

入港許可証

北大西洋:300で入手  西地中海:800  東地中海:2500  アフリカ西部:5000
アフリカ南部:7500 カリブ:10000 アフリカ東部:12000  紅海:14000 インド:16000
2006/10/18 名声合計10000でカリブ、12000でアフリカ東岸、14000で紅海の入港許可でました。(B鯖)
2007/1/20 E鯖も↑に同じく10000でカリブ、12000でアフリカ東岸でした。
2007/7/20 N鯖でインド洋16000で出ました。