*学術協会 [#fd9cab09]
#Contents

**概要 [#b814649c]
-ボストンの学術協会では、特定の職業の専門性を高めるための研究ができます。
-ボストンの協会長室内にいるフランクリンに話しかけると、職業研究を開始できます
-一度開始した後は、各地の依頼仲介人からでも開始や報告ができます。
-研究報告によって得られる単位は、大学と共有されます。
-職業研究の報告は、フランクリンまたは各地の依頼仲介人からできます。

***職業研究の方法 [#p056c78e]
-職業研究は、大学での研究と同様の流れで行います。
-職業研究の研究行動で論文を記述する際は、必ず対応する職業に就いている必要があります。
-大学の研究を実施している場合は、破棄または報告しないと職業研究はできません。

+“研究棟”を選ぶ
--職業研究の研究行動に対応する職業に転職します。
--最初に研究の場となる研究棟を選びます。~
学術協会に入りたての頃は、研究棟の種類も限られますが、研究を重ねて学術協会が発展することで増えていきます。
+“専攻科目”を選ぶ
--研究棟ごとに複数の専攻科目を持っています。~
その中から、自分が究めたい分野を選びましょう。
+“論文テーマ”を決定する
--研究棟と専攻科目を選ぶと、論文テーマが定まります。~
この論文を完成させるべく、研究を進めていきます。
+“研究行動”を実践する
--論文を完成させるには、“研究行動”を実践する必要があります。~
“研究行動”は論文テーマごとに決まっていて、実際にその行動をすれば研究が進んだことになります。~
+論文を提出する
--研究行動をくり返すと、論文に成果が記載されていきます。~
論文の完成に必要なページ数を満たしたら、“フランクリン”または“依頼仲介人”に論文を提出しましょう。~
これで論文は完成です。
--論文を提出すると、[[褒賞>BostonAcademicSociety#Award]]が1つもらえます。
-習得した職業別専用効果はそのままでは使えません。~
論文を提出した時に獲得できる単位を消費して、職業別専用効果を装備しなければ使えないのです。~
そのためにも研究を重ねて、単位を獲得する必要があります。

**研究テーマ・進行について [#z9e34aff]
-利用可能な研究棟のランクについては論文の提出回数による個人の条件とワールドごとに共通な研究棟のLvの条件に依存する。
-論文の提出回数については、大学の場合と同様に、中級研究棟★★は論文提出''12回目のイベント達成''で使用可能になる。以降同様に、??研究棟★★★は''30?回目''で、??研究棟★★★★は''50?回目''で使用可能になる。
-研究テーマの決定と論文の報告は、ボストン学術協会以外に各地のギルドの''依頼仲介人''でも可能。
-専攻は、習得条件をクリアした後にボストンの「フランクリン」と話すことで使えるようになる。(依頼仲介人不可)
**職業研究の成果 [#m7082c31]
-職業研究を達成して報告すると、各テーマごとに初回のみ「職業別専用効果」を習得できます。
-職業別専用効果は、スキル画面の学術協会タブから設定します。
-設定した効果が有効になるのは、対応する職業に就いている時のみです。
-「職業別専用効果」の枠は、入会時に1、以降取得した単位の累計が &color(red,){''10000,30000,50000''};に達した時に +1ずつされ、最大で 4。~
''累積''取得数であって現在の所持単位数ではないので、スキル設定で消費してもカウントは減らない。

**論文提出の褒賞 [#Award]
#table_edit(BostonAcademicSociety/Award)
[[直接編集>BostonAcademicSociety/Award]]
**論文テーマ一覧 [#theme]
#table_edit(BostonAcademicSociety/Theme,2:5:1)
[[直接編集>BostonAcademicSociety/Theme]]
**職業別専用効果一覧 [#d9d95a3f]
#table_edit(BostonAcademicSociety/TheExclusiveEffectByOccupation,2)
[[直接編集>BostonAcademicSociety/TheExclusiveEffectByOccupation]]

**情報など [#oe0a7b57]
#pcomment(BostonAcademicSociety/log,30,above,)