*ワールドクロック/レース [#b75c157e]
#Contents
**概要 [#v80156ce]
-出発街の出航所役人の「レース情報」から参加できます。~
-エントリー後に出発港から洋上に出るとカウントスタートし、目的地の出航所役人と話すと終了(ログアウト中もカウントされる)~
-[[レース>Port/Race]]
-歴史的事件で発生したレースの場合、実績の獲得により国家からの贈り物が届くと、再度「緊急帰還」を実行できます。 ※緊急帰還は交易品を積んでいるときは利用できません

***報酬 [#h50ee9b1]

-レース報酬~
[[レース参加記念ロット>Item/Consumer/lot2]]%%1〜2枚%%
--&size(6){獲得枚数は距離と自分の記録を上回ったかどうかによって変わる};

-介入報酬
|>|~回数|~報酬|~備考|h
|RIGHT:|RIGHT:|||c
|1|1|頭痛薬×3||
|5|(2)|銀のタロット×3||
|9|(5)|探検船行先変更券×3||
|19|(10)|風王のお守り×3||
|29|(15)|改良ゲルンステイスル||
|39|(20)|時代の旅人の帽子|称号獲得 [[歴史を導く者>Appellation]]|
|50|(25)|[[過客の宝箱>Item/Consumer/strongbox]]||
***事件による影響 [#gf784495]
-発見物報告効果上昇
-回航許可証獲得数増加(通常10枚→12枚)
**15世紀第2期-アゾレス諸島到達 [#i2aa3e81]
>エンリケ航海王子の冒険は、西の海にアゾレス諸島を発見するに至った。~
さらなる西方には、金銀が眠る、まだ見ぬ地があるという。~
中継港として大きな発展を期待できる島々に先鞭をつけるべく、各国はこぞってアゾレスを目指すことになった。

--''リスボンの出航所役人(または案内人)より、リスボン⇒アゾレスのレースに参加することができます。''
--''小型船限定''

-事件と結末の影響
--結末の種類~
1.アゾレスの権益、ポルトガルへ~
2.第三国の台頭~
3.イスパニア、権益を奪還~

--結末による影響~
1の結末:)迷臉祥里離櫂襯肇ルの影響度増加、▲櫂襯肇ルの国威増加、B臉祥里離ぅ好僖縫△留洞租抔詐~
2の結末:)迷臉祥里離ぅ好僖縫△留洞租抔詐、中南米東岸のポルトガルの影響度減少、K迷臉祥里里垢戮討慮魄徂覆料蠑貭稾~
3の結末:)迷臉祥里離ぅ好僖縫△留洞租拜加、▲ぅ好僖縫△旅餔卅加、B臉祥里離櫂襯肇ルの影響度減少~
1の結末:1.北大西洋のポルトガルの影響度増加、2.ポルトガルの国威増加、3.大西洋のイスパニアの影響度減少~
2の結末:1.北大西洋のイスパニアの影響度減少、2.中南米東岸のポルトガルの影響度減少、3.北大西洋のすべての交易品の相場低迷~
3の結末:1.北大西洋のイスパニアの影響度増加、2.イスパニアの国威増加、3.大西洋のポルトガルの影響度減少~

**15世紀第3期-西アフリカ到達 [#c3cdfbc2]
>セウタへの進出を果たしたポルトガルは、その勢いのままに、アフリカ西海岸にまで航海エリアを広げていた。航海王子と称されるエンリケの指示の下、カーボヴェルデへの到達を果たすと、さらに南進し、インド到達を目指す動きが加速した。後れを取ってはならないと、各国もアフリカ南進に力を注ぎ始める。 ~

--''リスボンの出航所役人(または案内人)より、リスボン⇒カーボヴェルデのレースに参加することができます。'' ~
--''小型船限定'' ~

-事件と結末の影響
--結末の種類~
1.大航海時代の先駆者 ~
2.各国航海技術の発達 ~
3. ~

--結末による影響~
1の結末:\哨▲侫螢のポルトガルの影響度増加 、▲▲侫螢西岸の宝石の陳列量増加 、西アフリカの全航海者に対する全交易品の関税減少 ~
2の結末:\哨▲侫螢のポルトガルの影響度減少 、▲ぅ好僖縫△旅餔匕詐 、西アフリカの全交易品の関税減少 ~
3の結末:  ↓◆ ↓ ~
1の結末:1.西アフリカのポルトガルの影響度増加 、2.アフリカ西岸の宝石の陳列量増加 、3.西アフリカの全航海者に対する全交易品の関税減少 ~
2の結末:1.西アフリカのポルトガルの影響度減少 、2.イスパニアの国威減少 、3.西アフリカの全交易品の関税減少 ~
3の結末:1. 、2. 、3. ~

**15世紀第5期-新大陸到達 [#y2aba5c9]
--''セビリアの出航所役人(または案内人)より、セビリア⇒サンフアンのレースに参加することができます。''
--''中型船限定''


-事件と結末の影響
--結末の種類~
1. ~
2. ~
3. ~

--結末による影響~
1の結末:  ↓◆ ↓ ~
2の結末:  ↓◆ ↓ ~
3の結末:  ↓◆ ↓ ~
1の結末:1. 、2. 、3. ~
2の結末:1. 、2. 、3. ~
3の結末:1. 、2. 、3. ~


**16世紀第4期-ドレイクの世界周航 [#m421b0c6]
>コロンの新大陸発見・インド航路確立・マゼランの世界周航−人々は未踏地への希望を胸に、競って航海に出るようになった。~
その一人がイングランドの海賊フランシス・ドレイクである。~
彼は各地で略奪行為を行いながら航海し、国庫の数倍もの財宝を積んで帰港した。

--''ロンドンの出航所役人(または案内人)より、ロンドン⇒リオデジャネイロのレースに参加することができます。''

-事件と結末の影響
--結末の種類~
1.第二の世界周航~
2.第三の世界周航~
3.世界周航断念~

--結末による影響~
1の結末:〜干垢離ぅ鵐哀薀鵐姫洞租拜加、▲ぅ鵐哀薀鵐匹紡阿垢覲垢悗療蟷餮果増加、イングランドに属する街の全交易品の関税減少~
2の結末:|翔酳禿豐潦導垢料憾魄徂覆隆慇埜詐、中南米東岸各街の貴金属交易品の陳列量増加、C翔酳禿豐潦導垢竜金属交易品の相場低迷~
3の結末:〜干垢離ぅ鵐哀薀鵐姫洞租抔詐、▲ぅ鵐哀薀鵐匹旅餔匕詐、C翔酳禿豐澆砲けるイングランドの影響度増加~
1の結末:1.全街のイングランド影響度増加、2.イングランドに属する街への投資効果増加、3.イングランドに属する街の全交易品の関税減少~
2の結末:1.中南米東岸各街の全交易品の関税減少、2.中南米東岸各街の貴金属交易品の陳列量増加、3.中南米東岸各街の貴金属交易品の相場低迷~
3の結末:1.全街のイングランド影響度減少、2.イングランドの国威減少、3.中南米東岸におけるイングランドの影響度増加~
**16世紀第5期-イングランド東インド会社設立 [#y9f3530a]
>ネーデルラントが単独で、インドよりさらに遠くの東南アジアに到達したという情報は、西洋諸国を驚かせた。~
それはアルマダの海戦前後に、急激に海運国としての力をつけ始めたイングランドにも、大きな刺激となった。~
イングランドは国策として東インド会社を設立し、東南アジア進出の準備を足早に進めていく。

--''ロンドンの出航所役人(または案内人)より、ロンドン⇒ケープのレースに参加することができます。''

-事件と結末の影響
--結末の種類~
1. ~
2. ~
3. ~

--結末による影響~
1の結末:  ↓◆ ↓ ~
2の結末:  ↓◆ ↓ ~
3の結末:  ↓◆ ↓ ~
1の結末:1. 、2. 、3. ~
2の結末:1. 、2. 、3. ~
3の結末:1. 、2. 、3. ~


**情報など [#uc036842]
#pcomment(WorldClock/log,30,above,)