トップ>エピソード(幻想探求編)>オスマントルコ

エピソード(幻想探求編) オスマントルコ

序章:幻の小片


  イスタンブールへ入港する

世界には、記録や記憶だけに残る伝承・伝説がいくつも存在する。
それは例えば、今失われたアレクサンドリアの大灯台。
あるいは、船乗りたちの間で語り継がれる海の怪物など
そうしたものを追おうとした者たちがいた。

1章:出会い


ハプスブルグ家が治めるイスパニアと、神聖ローマ帝国。両国に対抗するフランス。
これら大国を圧倒すべく、オスマントルコは力をつけ、版図を広げていった。
一方、神聖ローマ帝国では、混乱する世情の水面下で、ある伝説を追う動きが起こりつつあった。
イスタンブールに立ち寄ったプレイヤー名を待っていたのは、オスマントルコの宰相イブラヒムからの呼び出しだった。

イブラヒムの要件は、プレイヤー名にチュニスへの物資補給を依頼したいということだった。

チュニスの出航所に着くと、そこにはオスマントルコ兵がいた。
現在チュニス沖で哨戒中の艦隊に、直接物資を届けてほしいとのことだ。

  沖合いにの船に話しかけると戦闘。
  イスパニア艦隊 重ガレオンx2 援軍にハイレディン


チュニス沖では、哨戒中の艦隊がイスパニア商船を拿捕した所だった。
補給物資を渡そうとしたところ、商船の救援に来たイスパニア艦隊が襲撃してくる。
浮足立つオスマントルコの艦隊を、やってきたハイレディンが一括。共闘することになった。
ハイレディンと共にイスパニア艦隊を撃破したプレイヤー名
ハイレディンはイスパニア艦隊の荷をことごとく奪うと、チュニスの港への帰還を命じた。

チュニスに帰還すると、ハイレディンはプレイヤー名に恩賞をくれてやるから、居室まで来いと告げる。

  工房側の空き家の邸宅 中に居るハイレディンに話しかけると会話

ハイレディンから恩賞を受けるプレイヤー名。ハイレディンは、帰順した国に振り回されるプレイヤー名に対して皮肉交じりに同情を示す。
そこに、兵士が一人の人物を連れてきた。先ほど拿捕した商船に乗っていたらしい。

  100,000Dを入手する

その人物はミナと名乗り、伝説や伝承の収集活動のために乗船していたのだと語る。
ハイレディンはミナを投獄してしまうが、なにやら考えがあるようだ。
ハイレディンは、ミナの伝説収集という活動に対して、わずかながらも価値を見出したらしい。
プレイヤー名にはミナを懐柔して泳がせろと言うが…。

  チュニス南端の袋小路に居るNPC「番兵」に話しかけると会話

ひとまず、ミナに会いにいくプレイヤー名。牢の中では、なにやらミナが激しく咳き込んでいる。薬を飲ませるため、飲み物を持ってこなければ。

  番兵と再度会話

薬を飲んだミナは落ち着いたようだ。恩を感じたのか打ち解けるミナに対し、力になる旨を伝えると、
ミナは幻の島の調査のため、アレクサンドリアの書庫に連れていってほしいと言い出した。
まずはチュニスの港へ向かうことに。

アレクサンドリアの書庫に到着した瞬間、蔵書の数々に目を輝かせるミナ。しばらくそこに滞在するという。

書庫を出ると、ハイレディンが手配させた見張りがいた。プレイヤー名に代わってミナを見張りつつ、異変があればチュニスに報告するそうだ。

2章:利用


  洋上で30日経過後、チュニスに入港すると会話イベント

その後、チュニスに立ち寄ると、オスマントルコ兵が人探しをしている男と揉めていた。
そこに、派兵されてきたイェニチェリ部隊長のヤニスが現れ、仲裁する。

人探しをしていた男の話を聞いた。彼の名はクラウスと言い、主であり友人でもあるミナを探しているらしい。
ミナなら、今はアレクサンドリアの書庫にいる。彼女を連れてくるかどうかは、プレイヤー名の判断に委ねられた

アレクサンドリアの書庫の外には、相変わらずミナの見張り兵がいた。ミナは今日もまた書庫に入り浸っているという。

クラウスが探していたことを告げると、ミナはしぶしぶ同行を承諾し、プレイヤー名の船に乗るべく出航所に向かった。

ミナを連れてチュニスに戻ると、オスマントルコ兵が待ち受けていた。ハイレディンが呼んでいるという。
ハイレディンとヤニスの前で、ミナとクラウスは再会を果たした。ヤニスはミナに対し、改めて伝説の収集について尋ねる。
そこで「七つの歳の島」の話が出るとヤニスとハイレディンは目配せをし、ミナたちの調査活動を支援すると言い出した。

ミナとクラウスが去ったあと、ハイレディンとヤニスは真意を語り出した。
先日、イスパニア艦隊から収奪した暗号文に、「七つの歳の島」を求めるイスパニア国王の命が記されていたという。
二人は、イスパニアの機先を制するため、ミナを利用する腹づもりのようだ。

3章:諜報


  洋上で30日経過後、チュニスに入港すると会話イベント

ヤニスからの呼び出しがあり、チュニスの邸宅に向かうことになった。

ヤニスの要件は、セビリアに向かったミナを手助けせよというものだった。しかも、セビリアには間者も送り込んであるという。

  セビリアに入港すると会話。教会内に居るミナに話しかけるとイベント進行

セビリアでは、ミナが「七つの都市の島」について聞き出そうとコロンに食い下がっていた。
しかしコロンは早々に立ち去ってしまい、情報は得られなかった。

コロンへの突撃が空振りに終わったミナは、チュニスに戻ることにしたようだ。

チュニスに戻るとクラウスが待っていた。クラウスはヤニスが待っているとプレイヤー名に告げると、ミナとともに去っていった。

セビリアで見聞きしたことを報告するも、納得しないヤニス。
プレイヤー名は引き続きコロンを追うことになった。コロンの行き先はパルマらしい。

プレイヤー名が邸宅を出るとハイレディンが声をかけた。プレイヤー名の選択に対して忠告するためだった。
その様子を遠くからミナが見ていた。

チュニスの出航所に先回りしていた皆を、乗せプレイヤー名の船はパルマを目指すのだった

  パルマ入港時に会話。その後教会内に入るとイベント進行

コロンがパルマで会っていたのは、バルタザールだった。二人はアンティリアの話をしていた。
やはりコロンは「七つの都市の島」を知っていたのだ。

コロンがアンティリアのことを知っていた― ミナはそれを知ると、さらに調査にやる気を出すのだった

  チュニス入港時のミナとの会話の後、邸宅に居るハイレディンおよびヤニスと会話

パルマで得た情報を報告すると、ヤニスはイスパニアの思惑を確信したようだった。

  500,000Dを入手する

ヤニスが去ると再びハイレディンが声をかけた。プレイヤー名は誰にくみするつもりなのか―
プレイヤー名の答えは……

  ハイレディンに話しかけると選択肢「ヤニス」「帝国」「ハイレディン」「何も答えない」
  ・何も答えない→ただの気まぐれかそれが貴様の答えなのだな


4章:地図の検証


  洋上で30日経過後、チュニスに入港すると会話イベント

一カ月が経ち、再びチュニスに向かうと、ミナを探すクラウスに出会った。プレイヤー名は商業地区を探すことになる。

  交易所向かって右側、NPC「街の船乗り」

街の船乗りからの情報によると、ミナらしき人物は書庫の場所を聞いていたらしい。

ミナは書庫で本を借りた後、ゆっくりと本を読める場所を探してどこかに行ったようだ。

  モスク内、入って右側の壁際

ミナはモスクにいた。書庫から借りた本について話す中で、ミナが文献収集を始めたきっかけを知ることになる。
そこにクラウスが現れ、邸宅に向かうよう促すのだった。

ヤニスに対し、調査結果を報告するミナ。エンリケ航海王子にも英雄コロンにも発見できていない「アンティリア」―
地図を手掛かりにアゾレス周辺を調べることになる。

アゾレスに向かうプレイヤー名たちに、ハイレディンが同行することになった。

アゾレスはエンリケ航海王子がアンティリア捜索の際に起点にした場所だっという。
プレイヤー名たちも同様にアゾレスを起点に北西方面から調査を開始した。

  アゾレスから北西の沖合いのガレアス(ハイレディン艦隊)をクリックでイベント進行

アゾレス北西沖でイスパニア船を見かけた。
アンティリアを探して南下していると思わしき彼らを追って、プレイヤー名たちはアゾレス南西沖に向かった

  [14683,3221]辺り、ガレアスをクリックすると戦闘開始
  イスパニア艦隊 重ガレオンx2 援軍にハイレディン


アゾレス南西沖ではイスパニア船と海賊船が一戦交えたあとだった。双方が消耗しているのを見たハイレディンが好機だと言い―

ハイレディンが一仕事終えると、何人か船員を捕虜にしたうえでアゾレスに戻ることになった。

外洋での戦闘を経てすっかり疲れた様子の皆をよそに、ハイレディンはアゾレスの町中に向かった。ミナは急いでそのあとを追うのだった。

拿捕した船から送り主不明の書簡が見つかった。書簡はフランス語でハプスブルク諸国の船の襲撃が指示されていた。
ヤニスはこれを知っていたのか……?

チュニスでハイレディンと別れると、ミナはアンティリアについてもっと範囲を広げて蝶さしたいと言い出した。
彼女の希望で、アレクサンドリアの書庫に行くことになった。

アレクサンドリアの書庫には、ミナにとって思いがけない出会いが待っていた。
憧れのトラデスカントを目の前にして舞い上がるミナだったが、
アンティリアに話が及ぶと落ち着きを取り戻し、アゾレスでの出来事を伝えるのだった。

ミナの話を聞いたトラデスカントは、調査の糸口を示してくれる。
その話に皆が聞き入っていると、トラデスカントがなにか気付いたようだ。二人の話を盗み聞きしている人物がいるようだ。
トラデスカントの機転で、その場から逃れることができた。

ミナに新たな追手が迫る。彼女の危機を救ったのはヤニスだった。
不穏な気配を感じつつも、情報が少しずつ集まってきていることを実感し始めたミナ。
トラデスカントから示された手がかりも含め、情報を整理して自分なりに考えてみるというのだった。


  2019/1/27時点で「現時点では これ以上の進展は無いようです しばらく様子を見つつ 進展を待ちましょう」とのメッセージ表示

5章:「悪魔」のいざない


(2019/7/16 更新)

  洋上で 日経過後、アレクサンドリアに入港すると会話イベント

アレクサンドリアの港に立ち寄ると、ミナが商人を捕まえてアンティリアの話を聞いていた。
クラウスに言われて息抜きをしていたのだという。
中間報告をしたいからと、間借りしている邸宅に向かうことになった。


ミナの作業場にはなぜかヤニスがおり、ミナがまとめた伝説の記録を読んでいた。
伝説にまつわる人間の欲望までも露骨に記したその記録を、ミナ自身は読み物として世に残す気はないと言う。
そんな中、資料から見つかった「サタナゼ」という言葉にミナが反応。書庫へ駆けていった。


ミナは、サタナゼ島のように「悪魔の島」と呼ばれる島の伝説が各地に残っていることを挙げ、アンティリアの隠れ蓑になっていると推測する。
これを追究するため、地理学者のメルカトールに会うことを提案。
ヤニスも承諾し、一行はひとまずアレクサンドリアの港へ。


港ではクラウスが出航準備をしていた。
交易所へ行くという彼に代わり、発作で苦しげなミナの様子を見ることに。


明るい口ぶりに反し、酷く乾いた眼差しで「今を楽しみたい」と語るミナ。
やがて一行が揃い、アムステルダムの港を目指すことになった。


アムステルダムの港にはイスパニアの軍船が多数停泊していた。
その中にイングランドの軍船が混じっていることに気づいた一行だったが、そこにヤニスが手配した男が現れ、脇道から街の中へと案内されるのだった。


メルカトールは複数の「悪魔の島」の情報と地理学の面からの分析を提示した。
そのうえで、ミナは伝説の収集家という立場で分析すれば良いとも助言した。
それを受けたミナは「悪魔の島」の追究を決め、アゾレスよりさらに北西へと向かうことになった。


メルカトール邸を出て、今後の航路について話していたところ、メルカトール邸に学者ではなさそうな男が入っていくのを目撃。
さらにイスパニア兵たちが押し入っていくのを見て、不穏な雰囲気を感じた一行は、早々にアゾレス方面へ向かう。

  アゾレス東沖に武装船、クリックすると戦闘開始

アゾレスの近海で一行を待っていたのは、イスパニア軍の船団だった。
問答無用で襲ってきた船団を、救援に現れたハイレディンと共に迎え討つ。

ハイレディンと共に、イスパニア軍の撃破に成功した。ひとまずアゾレスに入港し、態勢を整える必要がある。


ハイレディンに救援に来た理由を尋ねても、答えは得られなかった。
ハイレディンはミナたちに、目的地へ向かう前にアゾレスで休息を取るよう言い渡し、自分は港に残った。

アゾレスの宿に泊まった夜、酒場に向かうハイレディンに遭遇。
彼はヤニスの指示でここに来たと語る一方で、それ以外にも思惑がある様子だったが、部下から何事か報告を受けるとすぐに話を打ち切ってしまう。
翌日、一行はテラ・ノヴァ方面を目指して出立した。

  テラ・ノヴァ北岸上陸地点の北沖にハイレディン、クリックすると戦闘開始


テラ・ノヴァ付近で「悪魔の島」を探す一向に、イスパニア海軍が襲い掛かってくる。
そこに助けに来たのは、対イスパニアでオスマントルコと手を組んだフランスの軍船だった。
「クロス」という言葉を耳にする一行だったが、フランスと共にイスパニアを撃破せねばならない。

フランス海軍がイスパニア海軍を追撃する最中、一行はイングランドやネーデルラントの船が巻き込まれているのを目撃する。
それを見たハイレディンは不敵に笑うと、味方であったはずのフランス船に向かって襲い掛かる。

フランス海軍まで蹴散らしたハイレディンは、その混戦の中でイングランド船も拿捕していた。
その捕虜も連れて、近場のボストンの港で補給することとなった。


捕縛したライザに「クロス」のことを尋ねるも、口を割らない。
そこにライザの解放を求めるアルヴェロがやってきて、解放と引き換えに万病を癒やす聖遺物「アンティリア・クロス」の情報を寄越した。
ハイレディンは二人を解放すると、チュニスへの帰還を指示するのだった。

6章:霞む幻影



チュニスに到着すると、ミナとクラウスは二人で去っていった。
残ったプレイヤー名に、ハイレディンは邸宅まで来るよう言い残す。


ハイレディンは、アゾレスとテラ・ノヴァでの出来事などから、各国の裏には後押しをする黒幕がいると踏んでいた。
これを探る一端として、プレイヤー名にイスタンブールでヤニスの身辺を探るよう指示するのだった。


イスタンブールに寄港すると、居合わせた兵士からイブラヒムの使いを頼まれた。
ヤニスの身辺調査のついでに行ってみるのも手かもしれない。


イブラヒムから頼まれたのは、オデッサの街役人から徴兵と調練の計画書を受領してくることだった。
いつもはイェニチェリの部隊長であるヤニスの業務なのだが、今は特殊任務で手が空かないのだという。
手伝えばなにか手がかりが得られるかもしれない。


オデッサの街役人から徴兵と調練の計画書を受け取った。
異教徒を徴用し、改宗させると共に兵士としての教育を施す制度の計画書らしい。
イスタンブールに戻り、イブラヒムに届けよう。


計画書をイブラヒムに渡した。
イブラヒムはその計画書の周到さを高く評価し、それを指示したヤニスをかの徴用制度の成功例として讃えた。
そのヤニスは今、イスタンブールの街にいるらしく、探してみることになった。


モスクに足を踏み入れると、そこではヤニスが誰かを待っていた。
現れた男は伝言を頼まれただけの者らしく、「こちらで片付ける」との言葉を伝えたのち、二人はそれぞれ去ってしまった。
モスクを出て追わなければ。

モスクを出るとヤニスが短剣を突きつけてきた。
彼が投げかけてくる皮肉は、彼自身にも当てはまる。
動じず対峙したプレイヤー名に感じ入る部分があったのか、黒幕はクラウスだとほのめかして去った。
クラウスと共にいるミナが危ないかもしれない。チュニスに向かわねば。


チュニスの港にいた兵士によると、ミナはクラウスと共にアレクサンドリアに向かったという。
アレクサンドリアに向かい、街の中を探せば見つかるだろうか……


ミナはクラウスの仲間に捕らえられてしまった。
企みに勘付かれたと知ったクラウスは、アンティリア・クロスは各国を争わせるための作り話だったと明かし、
プレイヤー名を消そうとするが、ハイレディンがこれを阻止。
クラウスはミナや仲間とともに姿を消した。

クラウスとヤニスの真意が徐々に見えてきた。
目の前でこれ以上の好き勝手はさせぬと不敵に笑うハイレディン。
プレイヤー名の働きを認めつつある彼は、己を利用できるならばすればいいと言い残して立ち去った。
しばらく個別に行動したあと、チュニスに寄ってみよう。

  2019/7/16時点で「現時点では これ以上の進展はないようです しばらく様子を見つつ 進展を待ちましょう」のメッセージ表示