トップ>エピソード(幻想探求編)>ポルトガル

エピソード(幻想探求編) ポルトガル

序章:幻の小片


  リスボンへ入港する

世界には、記録や記憶だけに残る伝承・伝説がいくつも存在する。
それは例えば、今失われたアレクサンドリアの大灯台。
あるいは、船乗りたちの間で語り継がれる海の怪物など──
──そうしたものを追おうとした者たちがいた。

1章 出会い


ハプスブルク家の支配のもとで、隆盛を極めるイスパニア。ポルトガルは、その強大な隣国を相手に海上覇権を競っていた。
その一方、同じくハプスブルク家の統治下にある神聖ローマ帝国では、混乱する世情の水面下、ある伝説を追う動きが起こりつつあった。

ある日、プレイヤー名がリスボンに立ち寄ると、フワンがアルヴェロを探して途方に暮れていた。食事が出来る場所にいるかもしれないとのことだが…。

フワンを連れて酒場に向かうと、そこには食事をしているアルヴェロがいた。
そこにアルヴェロが待っていた商船が入港したという情報が入る。海賊に襲われたそうだが、大丈夫だろうか。

商船の主であるイングランド商人が言うにはイングランド海軍の救援で、難を逃れたらしい。
アルヴェロの申し出で、荷降ろしを手伝うことになった。

船室内の積荷を降ろそうとしたところ、本に埋もれて眠っている人物を発見した。
「島」「書庫」などと寝言を言うだけで、起きる気配はない。ひとまず放置し、荷降ろしを済ませることに。

船室で眠っていた人物のことを商人に報告するとそれはミナという人物で、伝説や伝承の収集活動のために乗船していたのだと教えてくれた。
伝説と聞き、財宝でもあれば追うのにと語るアルヴェロに、商人はロンドンで耳にしたという「七つの都市の島」のことを告げた。

「七つの都市の島」のことが気になる様子のアルヴェロだったが、今はやることがあるという。

2章 伝説の噂


  ロンドンへ入港する

ロンドンに立ち寄ると、なぜかフワンがいて出航所役人と揉めていた。役人は船の責任者を出せと言うが、アルヴェロはどうも酒場に行っているらしい。

酒場には、酔っ払った商人に何事かを尋ねているアルヴェロがいた。

アルヴェロはやはり「七つの都市の島」の伝説が気になって、聞き込みに来たらしい。
商人は、ボルドーの交易所にある特製ワインと引き換えになら情報をやると言うが、アルヴェロは高級酒類の仕入れは苦手のようだ。

  50,000Dを入手する

特製ワインを手に入れるためにボルドーを訪れたプレイヤー名
ボルドーの交易所店主は、ビスケー湾の海賊に頭を悩ませているという。その討伐と引き換えに、特製ワインを売ってやるという話になった。

  沖合いにの船に話しかけると戦闘。 (イベリア海賊(相手船種忘れた)耐久250 船員55。)

ビスケー湾でイベリア海族を撃破したプレイヤー名
かのイベリア海賊たちは、バルバリア海賊の進出によって、北上を余儀なくされていたらしい。

海賊討伐をボルドーの交易所店主に報告すると、店主は大いに喜び、特製ワインを無料で譲ってくれた。

プレイヤー名がロンドンに戻ると、アルヴェロがそれを出迎えた。アルヴェロのほうは、情報収集がうまくいかなかったらしい。
こうなれば頼みの綱は、酒場にいた商人だけだ。

商人は約束どおり、特製ワインと引き換えに「七つの都市の島」の情報をよこした。
国を動かすほどの財宝、地図にはあるのに見つからない島──そういった情報がイングランド海軍から出ているという。

酒場を出たアルヴェロたちにクラウスという男が声を掛けてきた。伝説や伝承を収集するミナという人物を探しているらしい。
話を聞いたフワンは、船室で本に埋もれて眠っていた人物のことだと思い出す。しかし、その時にはすでに、クラウスは去ってしまっていた。

3章 結託


  リスボンへ入港する

リスボン出航所で船乗りたちが噂話をしていた。ある女性が、セビリアまで船に乗せてほしがっていたようだ。
断られた女性は、他の船乗りを探しに酒場に向かったらしい。

船乗りたちが噂していた女性はミナだった。
リスボンの酒場でフワンに食い下がるものの、承諾してもらえずに困り果てるミナ。
そんなミナを、プレイヤー名が、セビリアまで連れていくことになった。

セビリアでは、イスパニア兵たちがなにかを調べまわっているようだったが、ミナは書庫を目指して急ぐのだった。
セビリアの書庫でイスパニア兵と言い争いになってしまい、発作のような症状に襲われるミナ。そんなミナを外に連れ出してくれたのはアルヴェロだった。

コショウを運んでリスボンに向かうというアルヴェロとともに、ミナと プレイヤー名 もリスボンに向かうことになった。