鳥類

名称ランクポイント説明難度経験値発見方法
名称ランクポイント説明難度経験値発見方法
アオアシカツオドリ★★★7鮮やかな青い足が特徴の体長80cmほどの鳥。オスがメスに向かって足を交互に持ち上げたり、翼を広げたりして興味をひく様が見られる。主にガラパゴス諸島に生息する。7490可愛い変わり者
アオカケス★★6北米東部に住む鳥。頭頂部や背面、尾羽が、青い羽毛で覆われている。頭頂部には冠羽と呼ばれるものがあり、勇ましく見える。5330甲高い声の青い鳥
アオコンゴウインコ★★★7銀青色の頭と、細長い尾をした鳥。背の高い木のてっぺんで羽を休め、毎日同じ道筋を飛ぶ。種子、木の実などを食べる。7495青色に染まった鳥
アオバズク5がっちりとした小型のフクロウ。夕暮れになると活動を始め、昆虫やネズミなどを捕食する。5140小さな鳥の地図
アカクサインコ5全身が鮮やかな赤で、頬と羽が青色の鳥。非常に目立つため、木の洞など安全な場所に巣を作る。5140赤い鳥の地図
アカトビ★★4うろこのように見える羽の重なりが美しく、群をなして低空を飛行する。翼を部分的に曲げて、尾を船の舵のように使って常に傾斜姿勢で飛びながら獲物を探す。5265緋色のハンター
アナホリフクロウ★★5地中に巣がある珍しいフクロウ。主に、他の動物が掘った穴を利用して自分の巣を作る。また、長い脚でニワトリのように走る、昼に活動するなど、他のフクロウにはない特徴が多い。南北新大陸の草原に広く分布。6330地に棲む鳥
アメリカコガラ★★4北米の北部に生息する小鳥。
危険に敏感で、危険度によって鳴き声を使い分け、他種の鳥にも知らせているらしい。
5230小さな鳥の地図
アメリカシロヅル★★6北米からカナダにかけて、湿潤な草原に生息するツル。ツルにしては体が大きく、真っ白な毛に覆われている。4240北米のツルの生態調査
アラエ・ウラ★★6ハワイに火をもたらしたとされる伝説の鳥。「ウラ」とはハワイ語で赤色を意味し、額とクチバシの根元が鮮やかな赤色をしている。6234火を運ぶ鳥
アリサンヒタキ★★★8全長12cmほどの小さな鳥。標高の高い山中に生息し、阿里山でよく目撃されることから、この名前が付いた。7490阿里山の動物調査
イヌワシ★★★★★9北米大陸に広く生息する、大型の鳥。
翼を広げると2m以上にもなる。全身が暗褐色の羽毛で覆われているが、後頭部は光沢のある黄色い羽毛で覆われている。シカやキツネを襲うこともある。
10810強き者の証明
インカアジサシ★★★6南米の西岸に生息する海鳥。濃い灰色の体に赤いくちばし、口ひげのような白い飾り羽根が特徴。何千羽という群れで生活し、海岸の岩場で集団で佇んでいるのがよく見られる。上空から海へ一直線に飛び込み、上手に魚を捕まえる。7470白ひげ鳥
ウグイス★★★★7東アジアに分布する小鳥。春先から夏にかけて魅力的な鳴き声を響かせるため、春を告げる鳥とも呼ばれる。
声の美しさに反して、羽色は地味。警戒心が強いため、姿を見せることはなかなかない。
7620美声の主
ウミネコ4日本近海に生息する海鳥。カモメの一種だが季節に合わせた大移動はしない。
「ミャア、ミャア」と鳴く声がネコによく似ている。
3100白い海鳥の地図
エジプトハゲワシ★★5大きな幅広い翼で上昇気流に乗って、何時間も飛び続ける。食事方法が変わっていて、ダチョウなどの殻の厚い卵を、石を使って割って食べる。6350道具を使う鳥
エミュー★★7体高が2mにもなる大きな鳥。翼はきわめて小さく飛ぶことができない。全身が灰褐色の毛で覆われている。6320南東の大陸にすむ大型生物
オウギタイランチョウ★★★★★8鮮やかな色の扇のようなとさかを持つ。オスのとさかは赤、メスのものは黄色で、ともに先端が青い。10816羽飾り
オウギバト★★★6ニューギニア島、および周辺の小島に生息する。70cmを超える大きなハトで、飛行能力はなく、数mほど飛び上がれるだけである。7451美しい頭
オウギワシ★★★★★7頭にある黒い扇形の冠羽が特徴のワシ。熱帯林の中を高速で飛び回り、力強い脚と大きな爪でサルなどの中型の動物、さらには大型の鳥をも捕食する。121131空の支配者
オウチュウ★★5台湾島や中国などの、農耕地や市街地に生息する黒い鳥。長い尾の先が、逆Y字のように割れているのが特徴である。8260尾が割れた鳥の地図
オオサイチョウ★★★★7非常に巨大な体躯をもつ鳥。羽音も大きく、他の動物の鳴き声をかき消すほどである。繁殖期になるとメスは巣穴にこもり、オスがメスとヒナの食料を単独で調達する。その過酷さは想像を絶し、まれに餓死するオスもいるようだ。9720轟音の主
オオハシ★★★★8黄色い大きなくちばしが特徴。大きいもので15cm以上にもなり、体重を支えきれない小枝の先の食物もとることができる。9744くちばしを巡る口喧嘩
オオハナインコ★★★6雌雄によって全く異なる羽色をもつ鳥。オスは鮮やかな緑、メスは深い赤である。非常に賢く、気性も穏やかであるため、容易に飼育できる。7451不揃いなつがい
オカメインコ★★7長い冠羽と眼の下にあるオレンジ色の毛が特徴の鳥。冠羽は状況により立ったり寝たりする。6320珍しい鳥はいないか
オナガドリ★★★★6日本原産のニワトリの一種。突然変異で生まれたという。
雄の尾羽の一部は、生え変わることがないため、極めて長く伸びている。
8620尾の長いニワトリ
カカポ★★★7現地の言葉で「夜のオウム」を意味する鳥。飛ぶことができず、夕暮れ時になると活発に動き回る。7462夜のオウム
カグー★★5ニューカレドニアに生息する鳥。危険を感じると冠羽を逆立て、翼を広げて、敵を威嚇する。大きな翼を持っているが、飛ぶことはできない。7210白い鳥の地図
カササギ★★7朝鮮半島と日本の一部に生息するカラスの一種。
カチカチという鳴き声のため、一部の地域では「カチガラス」とも呼ばれている。
飛ぶと翼の白い模様が目立つ。
6370恋の架け橋
カラカラ★★★3胸元と背中にある細い縞模様と、オレンジ色の顔が特徴。日常の大半は地面を歩いて過ごす。獲物は腐肉、魚、野菜、昆虫などなんでも食べる。7506鳥の後を追う鳥
カワセミ★★4宝石のように輝く青い羽と、長くて鋭いくちばしが特徴。自分の見張り場所から水中に飛び込み、すばやく魚を捕らえる。まれに、空中で静止した状態から飛び込むこともある。6355ヨーロッパの宝石
カンムリシロムク★★★7バリ島の北西部にのみ生息する。羽毛は白く翼と尾羽の先端部のみ黒い。目の周囲は化粧をしたように鮮やかな青色でとても美しい。木の洞の中に枯れ草や小枝で巣を作り生活をする。7500青く化粧した鳥
カンムリチメドリ★★6台湾島に生息する、全長約15cmの小さな鳥。濃い茶色の冠のような頭と、つぶらな眼が特徴である。
人懐こく人間のすぐ近くにまで寄ってくる。
5310子煩悩の父
カンムリツクシガモ★★★★9朝鮮半島から中国北東部にかけての湿地帯に生息する鳥。
冠状の飾り羽があることから名付けられた。
8680美しい水鳥
カンムリヅル2頭に美しい飾り羽があるツル。アフリカでしか見られないようだ。ツルはフラミンゴやサギに似ているが、立っているときの姿や飛び方が違うので、近い種類ではないようだ。3140冠をかぶった鳥
ガビチョウ★★6中国南部から東南アジアまで、広い範囲で生息している鳥。地上を走ることが多く、高く飛ぶことがない。
眼の周りにある眉状の模様が特徴的で、「画眉鳥」と書く。
5310歌う鳥
キエリボタンインコ★★★★★8赤いくちばしと、目を縁取る白い模様が特徴的。活動する時間のほとんどをつがいで過ごす。種子や果実などを主食とする。121144思い出に残ったもの
キジ7明るい林や草原などに生息する、日本特産の鳥。
雄は、胸から腹にかけて光沢のある緑色、目の周りは鮮紅色で、目の覚めるような色合いをしている。
4130色鮮やかな鳥の地図
キタタキ★★★7朝鮮半島から中国、インドまで、広く生息するキツツキの一種。
巨大な枯れ木に営巣する。頭頂部と頬の赤い羽毛が特徴的。また、上半身は黒、下半身は白と鮮やかな配色も目を引く。
6460巨大な身体と声
キバタン★★7真っ白な羽で覆われた体に、黄色い冠羽を持つ鳥。興奮すると冠羽を立て、驚くほど大きな鳴き声を出す。大きな群れでは数百羽にもなる。6320白黒はっきり
キンケイ★★6中国南西部の山地に生息する鳥。赤と、光沢のある金色を基調とした、派手な姿をしている。
とても用心深く、身を隠すのが上手で、めったに見かけることがない。
9330鮮やかな色の鳥の地図
キンバネホイビイ4台湾島の山岳地に生息する鳥。金色の翼と、はっきりとした眉が特徴である。人懐こく、数も多いため、見かけられる機会は多い。4140金色の鳥の地図
キーウィ★★★660cmほどの体に長いくちばしを持つ鳥。そのくちばしを使って、地中のミミズや昆虫を探す。口笛のような鳴き声から、その名が付けられた。7462毛のかたまり
クジャク★★3オスの尾羽が非常に美しい、大型の鳥。飼われているクジャクの様子を見ると、ニワトリにかなり近いようだ。オスは尾羽だけでなく全身の羽が鮮やかで美しいが、メスはやや地味でかわいらしい。6360クジャク牧場計画
クロツラヘラサギ★★★8朝鮮半島北西部でよく見られるサギの一種。全身の羽毛は白く、顔とくちばしだけが真っ黒なため、その部分が目立つ。
夏になると、首が黄色く変化し、後頭部から黄色の冠羽が生えてくる。
7510黒い顔の渡り鳥
ケア★★★7森林限界近くの高山に生息する鳥。オリーブのような緑色の羽に覆われているが、翼の裏はきれいなオレンジ色をしている。とても人懐っこい性格をしている。7462人を恐れぬ生物
ケツァール★★★★★8中南米山岳地帯の森林に生息する鳥。全長は約35cm。オスは飾り羽を持っており、それを含めると全長90cmにも達する。アステカの神の使いであり、鮮やかな濃緑色の羽が日に照らされた姿は、まさに虹色の神鳥である。121110虹色の神鳥
コウカンチョウ★★3頭部は赤、胸は白、背中は灰色の羽毛に覆われた鳥。地上に降りて植物の種子などをついばむ。水辺近くの開けた林に生息する。5270二つの美を持つ鳥
コキンチョウ5オーストラリアに生息する鳥。頭の色は個体によって様々で、巣にはシロアリの塚を利用する。6155小さな鳥の地図
コクチョウ4黒いハクチョウ。渡り鳥であるハクチョウとは違い、同じ場所で一生を過ごす。巣は、湖沼などの水辺に作る。主にオーストラリアやアオテアロアに生息する。6180黒い鳥の地図
コジュケイ★★5中国南部や台湾島に生息する、変わった鳴き声を持つ鳥。
用心深い性格で、めったに姿を見せない。早朝になると群れで餌を探しに行くようだ。
7220変わった鳥の地図
コトドリ★★★★★9竪琴のような特殊な形の尾羽を持つ鳥。繁殖期には、さえずりながら尾を振り動かしてメスを誘う。驚くべきはその声で、鳥の鳴き声に限らずありとあらゆる音をまねることができる。111040奇怪
コンゴウインコ★★★★★4極彩色の大型インコ。尾までいれると1m以上あり、非常に美しい。赤が基調のものがほとんどだが、青い種類もいるようだ。インコの例にもれず、飛ぶのはあまりうまくない。10910七色の鳥
コンドル★★★★★8とても大きな鳥。中には翼を広げると3mになるものもいる。大きな翼を広げたまま、高所を滑空する姿がよく見られる。高地の断崖の岩陰に巣を作り、死んだ大型動物の肉を好んで食べる。50年以上生きる長寿の鳥。121080優雅に舞う巨大鳥
ゴシキセイガイインコ5鮮やかな色合いの鳥。外観は多様で、群れで騒々しく鳴く。6160鮮やかな色の鳥の地図
ゴシキドリ★★★★★9中国南部から東南アジアにかけて生息する、体が五色で彩られている鳥。樹幹にくちばしで丸く出入り口を掘り巣を作る。夜はその巣で眠る。10930遠き地への調査依頼
サンケイ★★★★★8台湾島に生息する大型の鳥。雄の体長は、約70cmほどある。
警戒心が強く、めったに姿を現さない。
131250台湾島の鳥調査をもう一度
サンショクウミワシ★★4その名の通り、濃い茶と黒の羽毛、白い頭と胸、黄色の嘴(くちばし)が目立つ。魚を主食としているが、まれにカモなどをおそうこともある。頭を後ろにそらせてかん高い大きな鳴き声を上げる。5270鳥を襲う鳥
シチメンチョウ★★★3オスが1mを超える大型の鳥。頭部に羽がなく垂れ下がった肉があり独特の容貌である。興奮したりすると羽がない部分の色が変わる。ニワトリの仲間のようで、飼いやすく食用になる。8528黒くておいしい鳥
シマセゲラ★★7北米の東部に生息するキツツキの一種。体長は25cm程度。背中の白と黒の縞模様と、頭頂部の鮮やかな朱色が目を引く。5400縞模様の鳥
ショウジョウトキ★★2全身が鮮やかな赤色の鳥。長いくちばしを水草の間に差し込み、魚やかえるなどを捕らえる。夕暮れになると、水辺の木の上に作る巣に帰る。5265鮮やかな赤
シロフクロウ★★★★7大型のフクロウ。真っ白な羽毛が美しい。
高所にはあまり生息しておらず、寒冷地帯の草原でよく見られる。
10780白の叡智
ジャノメドリ★★5熱帯林の川辺に生息する用心深い鳥。巣に敵が近づくと、目玉模様のある翼を前に広げて威嚇する。5265珍しい翼
スミレコンゴウインコ★★★★★8全身を覆う濃い青色の羽毛、目の周りとくちばしの付け根の黄色い皮膚の配色が美しい。熱帯林の周縁部やヤシ林に生息し、ヤシの実を主食とする。10828約束した空の色
セイラン★★★6人によく慣れ、飼育も容易な鳥。オスとメスは大変仲がよく、オスは長い尾羽を立てて揺らしメスを誘う。その姿は見るものを魅了する。7462無数の瞳
ソウシチョウ★★★8中国南部やインド北部などに生息する小型の鳥。赤いくちばしと黄色い喉元が鮮やかである。
つがいで行動することが多いため「相思鳥」という名前が付いたといわれる。
7480想いにまつわる鳥探し
タカサゴマシコ★★★★5山麓の森林や農耕地に生息する鳥。
雄は鮮やかな赤い色をしており、とても目立つが、めったに見られない。台湾島では阿里山で見かけられる。
8680台湾島の鳥調査
タンチョウ★★5東アジアの湿原に生息する鳥。一部は人里近くで越冬する。
ほっそりとした白地の体に、黒と赤の二色が映えている。その上品な姿は、東洋の美術品にも多く見られる。
7270気品ある鳥の地図
ダチョウ★★3頭の高さが2.5mにもなる大型の鳥。体に比べて翼が小さく飛べないようだが、脚が非常に発達していて馬並みに走れる。蹴られれば人間など簡単に死ぬことだろう。5260馬のような鳥
チュウハシ★★6鮮やかな色の長いくちばしが特徴。森林の周縁部に生息し、小さな集団で食事をしたり、身を寄せ合って眠ったりする。6370口論の原因
テンニンチョウ★★★★4オスが長い尾を持つ、アフリカの小鳥。尾が長くなるのは繁殖期だけのようだ。オスは羽が白と黒、くちばしが赤と目立つ色だが、メスは茶色で地味だ。オスはメスの気を引くため、メスのまわりで独特の飛び方をする。9756アフリカにしかいない小鳥
トキ5東アジアに分布している鳥。全身ほぼ白色だが、翼と尾羽の裏側はとき色と呼ばれる淡紅色を帯びている。
威嚇をする際は、後ろ頭の羽を冠のように立てる。
4130赤い顔の鳥の地図
トキイロコンドル★★★★★10翼を広げると1.8mにもなる大型の鳥。動物の死がいを餌とし、生きた動物を襲うことはない。鮮やかな体色をしていて、くちばしの上部にオレンジ色の肉垂が付いている。141222伝説を追う資格
トパーズハチドリ★★★7宝石のようにきらびやかな羽で覆われた鳥。空中で静止するように飛び、花蜜を吸う。8600カリブの宝石
ドードー★★★★★7モーリシャス諸島にしか生息しない、特殊な鳥である。ニワトリよりかなり大きく、翼は小さくて飛べない。足は太くてしっかりしているが、速く走ることはできない。島に捕食者がいないため、のんびりした鳥になったのだろう。121105太りすぎのガチョウのような鳥
ナナイロインコ1頭と首は黄色く、胸へ行くにつれて朱色の羽毛へと変わっていく。背中は緑色で、翼と細く尖った尾は様々な色をしている。十数匹の群れで生活している。5135七色の鳥の地図
ノーザンカーディナル★★6北米東部でよく見られる赤い鳥。オスは真っ赤な羽毛だが、メスは茶色だという。6370羽ばたく真紅
ハクチョウ1優雅な長い首と美しい白い羽で知られる、大型の水鳥。渡り鳥で、半年ごとに移動する。灰色の個体も見かけるが、どうやら若鳥のようである。113白い鳥の地図
ハクトウワシ★★★★★10新大陸に生息する大型のワシ。広げると成人男性の背丈ほどにもなる立派な翼を持つ。
濃茶色の羽毛とは対照に頭部が白いことが特徴。新大陸の先住民はこのワシを聖なる鳥として敬い、衣服や飾りにその羽を付けるなどして親しんでいる。
141210畏怖と勇壮の大翼
ハゴロモヅル★★5南アフリカに生息するツルの一種。体長は約100cmで、体色は青みがかった灰色である。胸と尾の羽が長く、特に尾の方は地面まで届くほどの長さを持つ。ほっそりとした優美な立ち姿が特徴的な鳥である。5400優美な立ち姿
ハルパゴルニスワシ★★★★★9アオテアロアに生息している大型のワシ。
大きなものになると、広げた翼が3mにもなりワシの中でも傑出した体躯を誇っている。
モアを主食にしているようだ。モアの減少に伴い、数が減っているらしい。
131163天空の王者
パフィン★★★★★5北米東岸の北部やヨーロッパ北部の沿岸で見られる海鳥。繁殖期になると目の周りにツノのような模様が現れることから、「ツノメドリ」とも呼ばれる。一見ペンギンのような容姿をしているが、飛ぶことができる。10820空飛ぶペンギン
パープル・ガリヌール★★★7熱帯の湿地でよく見られる鳥。青みがかった羽毛が鮮やかである。細い脚で水草の上を歩くさまは、まるで水面を歩いているようだ。7480虹色を求めて
ヒオウギインコ4熱帯林に生息する鳥。興奮したり驚いたりすると、頭部全体の羽を扇状に逆立てる。5135扇のある鳥の地図
ヒクイドリ★★★★★9体高が1.7mにもなる大きな鳥。体に対して翼が小さいため、飛ぶことができない。その代わりに脚力が発達している。それは、人を蹴り殺すほどである。10923姿を見せぬ生物
フウチョウ★★★★★8ニューギニア周辺に生息する鳥。オスは美しい飾り羽を持つ。繁殖期になるとオスは一カ所に集まって踊り、メスを誘う。メスはそれを見てつがいとなるオスを選ぶ。10936恋愛事情
フラミンゴ2首と足が非常に長い、大型の鳥。美しいピンクの羽を持つ。数万羽にもなる群れで生活するため壮観である。ツルに似ているがくちばしが異なるのでそれほど近い種類ではないかもしれない。280桃色の大きな鳥
ヘビクイワシ★★★★5アフリカ中部から南部にかけて分布するワシの一種。
後頭部に長い冠羽が複数あり、それらが羽根ペンのように見えるため、「書記官鳥」と呼ばれることもある。
7630知的なおしゃれ
ベニヒワ★★★★4寒冷地や高山地帯に生息する小型の鳥。額の辺りが赤く色づいているのが特徴。雑食で、種子や昆虫などを幅広く食べる。5610赤い額の鳥
ペリカン1下のくちばしに大きな袋を持つ水鳥。かなり大型である。くちばしの袋は、捕らえた魚を貯めるのに使うのだろうか。131白い鳥の地図
ホウオウジャク★★★★★7自分の体長ほどの、長い尾を持った鳥。ただし、メスはオスの半分くらいの長さである。10910その驚くべき姿
ホロホロチョウ★★4斑点のある羽と骨質のとさかが特徴。古くから食用として家禽(かきん)化された。自然界ではアフリカ熱帯域の開けた草原に生息しており、群れを作って生活している。6340ホロホロチョウの羽
マメハチドリ★★★★★6とても小さな鳥。体を水平に保ち、空中で静止するように飛びながら、長いくちばしで花蜜を吸う。オスはなわばりを守るために見張りをすることが多い。10936とても小さな宝石
ミカドキジ★★★★★6台湾島の、標高が高い山地にのみ生息する希少な鳥。体長は約70cmと大型で、長い尾が特徴である。10930台湾島の鳥調査再び
ミサゴ★★4北米をはじめとして、ほぼ全地域の沿岸部に生息する大型の鳥。
水面を低空飛行し、魚を捕食する。全体的に黒褐色だが、頭頂部は真っ白な冠羽を持つ。
8320力強い鳥の地図
メガネフクロウ★★5目を縁取る白い羽毛が眼鏡のように見える。止まり木から、地面や葉むらにいる獲物に一気に襲いかかり捕食する。5275メガネをかけた生物
メンフクロウ★★3顔がハートの形をしたフクロウ。生息域は広く、森林、草地、サバンナなど様々である。暗闇の中でも音だけで獲物の位置を正確に捕らえ、捕獲する。6360白いハート
モア★★★★★10アオテアロアの森に棲む飛べない鳥。見た目はダチョウに似ているが、両翼は見当たらない。中には体長4mという、鳥とは思えぬほど巨大なものもいる。以前はたくさんいたようだが、島に人が住むようになってから激減しているらしい。151222怪鳥再び
モモイロインコ★★7オーストラリア全域に群れで生息する鳥。体は桃色、翼は灰色で尾は黒い。果物、昆虫などを採食する。5280桃色の鳥
ヤシオウム5熱帯雨林や、開けた森林などに生息する鳥。黒色の羽で覆われ、頬の部分には赤い皮膚が見える。頭頂部には長い冠羽がある。大きく丈夫なくちばしで、ヤシの実の固い殻なども割って食べることができる。5140黒い鳥の地図
ヤツガシラ★★★6見る角度によって深い緑色や黒に変わる、光沢のある羽が特徴。紅色のくちばしと、白い斑模様の尾を持つ。グループで活動し、主に昆虫を食べる。8539違う色の同じ鳥
ヤマドリ★★★★8日本の本州以南の山林に生息する鳥。雄は、翼で胸を叩いて音を出す。
その長い尾羽は、物事の長いことの例えとして、文学作品などの中で用いられてきた。
7610話題を呼ぶ羽飾り
ヤマムスメ★★★7台湾島にのみ生息する大きな鳥。赤いくちばしと縞模様の長い尾、青い体が特徴的。飛ぶと、尾にある二枚の長い羽がひらひらと揺れる。7530ひらり揺れる尾羽
ヤリハシハチドリ★★★7くちばしの長い、小さな鳥。槍のような形状のくちばしは、体長の約4割を占めている。毛づくろいは、くちばしが使えない代わりに長い足を使う。空中で静止するように飛び、花の蜜を吸う。7480長い長いくちばし
ヤンバルクイナ★★6沖縄本島北部の森林地域にのみ生息する鳥。翼が小さく、飛ぶことはできない。
その代わりに脚が発達し、茂みの中を走り回れる。
8260飛べない鳥の地図
ヨウム★★★3全身が灰色で、尾の先が赤い、地味なインコである。しかし、非常に知能が高いようで、よく教えると物まねではなく簡単な会話が可能だという。飛ぶ様子はたどたどしい。7462人の言葉を話す鳥
ライチョウ★★3北極海の沿岸や、ユーラシア北部の高山帯などに分布する鳥。羽毛の色が、夏は褐色、冬は白に変化する。4380着替える鳥
ラケットハチドリ★★6尾羽が美しい、小さな鳥。雄の特徴である、長い棒の先にラケットが付いたような尾羽は雌をひきつけるためといわれている。寒冷地の鳥らしく、足の周りにはふさふさした羽毛が生えている。南米のアンデス山脈の一部の地域にのみ生息。6330長く美しい尾羽
ラケットヨタカ★★4翼の部分に、さらに長い羽が付いている。地面からかなりの高度を飛び、昆虫を主食とする。4220変わった鳥の話
リョコウバト★★★8北米の東岸に生息する鳥。体長は約40cmで、長くとがった翼と尾羽を持つ。非常に大きな群れで渡りを行う習性があり、夏は北米北東部などで、冬は主にメキシコ湾岸で過ごす。6510大群で渡る鳥
ルリカケス★★★7日本南方の小島に生息する、色鮮やかなカラス。瑠璃色の翼、白いくちばし、赤褐色の胴体が特徴。
美しい外見に反して、鳴き声はしわがれており、うるさい。
6440極東の青い鳥
ルリチョウ★★★★★9台湾島にのみ生息する鳥。体長は30cmほどあるが、尾は短い。
脚とくちばしががっしりとしているのが特徴である。
10930船乗りの言い争い
レア1ダチョウによく似た大型のトリ。飛ぶことはできず、草原や低木地に生息し、植物の葉や種子を好んで食べる。375脚の長い動物の地図
レンカク★★3長い脚と、きわめて大きな足が特徴。足指も長く、水面に浮いた葉の上を歩ける。湿原や草地に生息し、昆虫を餌としている。6370水の上に立つ鳥
ロジアテ・スプーンビル5鮮やかな桃色の羽毛を持つ鳥。平たいクチバシですくうように魚を獲る。6200桃色の鳥の地図
吸血フィンチ★★★★7フィンチと呼ばれる小鳥の一種。特定の鳥の翼の付け根をつつき、流れ出る血を吸う習性がある。ガラパゴス諸島の一部の島に生息する。8620白い鳥と黒い鳥