レリック

※トレジャーハントで見つけるものは発見物として登録されません

名称ランクポイント説明難度経験値発見方法
名称ランクポイント説明難度経験値発見方法
ほらふき男爵巧みな話術と機知で知られたミュンヒハウゼン男爵。彼の冒険譚は今も人々を楽しませている。ほら吹き男爵の冒険譚
もう一人のジャンヌブルゴーニュ軍の旗を奪ってボーヴェを救った勇敢な少女は、奇しくもラ・ピュセルと同じジャンヌという名だったという。もう一人のジャンヌ
アトランティスの落日アトランティスの落日
アラジンと魔法のランプアラジンのランプや指輪に宿る魔人は、イスラム教誕生以前の時代に神に準じる存在で、崇拝の対象だったといわれる。アラジンのランプ
アリババと盗賊アラビア語やペルシャ語ではアリババの「ババ」は「お父さん」という意味らしい。アリババは意外と年配だったのだろうか。アリババのターバン
アルヴィダ麗しきスウェーデンの王女でありながら女海賊となったアルヴィダ。今なお、スカンジナビアの人々に愛され続ける存在である。アルヴィダの兜
アーサー吟遊詩人たちに愛される、イングランドの伝説の王、アーサー。アーサーが眠るアヴァロンを再び訪れることはあるのだろうか。伝説の島は何処
イタリアの剣ハンニバルを追い、果敢に戦いを仕掛け続けた猛将マルケルス。その勇猛さはハンニバル軍に引けを取らなかったという。猛将の印章
イタリアの盾ハンニバルの恐るべき用兵を、戦略で封じ込めた知将ファビウス。だが、ローマの勝利を見ることなく没したという。クンクタトルの兵法書
エルドラド(輝く丘)新大陸の密林の奥に隠された、黄金と宝石に満ちあふれた神殿。住人によって秘密が守られているため、訪れることは難しい。見果てぬ黄金の地
エルドラド(財宝伝説)伝説のシボラの街といわれる、黄金と宝石に満ちあふれた神殿。水没しかけており、その美しさもいつか失われてしまうのだろうか。伝説の黄金郷
オジェ・ル・ダノワ多くの武勲詩の主人公で、シャルルマーニュに仕えたとされる騎士。デンマークではホルガー・ダンクスの名で親しまれている。英雄譚の裏に英雄あり
ガウェイン勇猛果敢で直情径行の騎士ガウェイン。彼が自戒の念をこめて身に着ける帯が名誉ある勲章の由来だといわれる。ガウェインの戦斧
ガリアの英雄ガリア人を率いて果敢にカエサル率いるローマ軍と対したウェルキンゲトリクスは、フランス最初の英雄といってよいだろう。ガリアの英雄の兜
カール・マルテルカール・マルテルがトゥール・ポワティエ間の戦いに敗れていたら、ヨーロッパの歴史はどうなっていただろうか。カール・マルテルの戦鎚
クレタ聖刻文字の印章一文字単位の印章
サンジェルマン伯爵豊富な知識と錬金術で知られたサンジェルマン伯爵。彼は本当に不死で、研究を続けているのだろうか。サンジェルマン伯爵の秘伝書
ジャンヌを継ぐ者諸侯と傭兵の寄せ集めの軍から国王の常備軍へ。リッシュモン元帥の軍制改革はフランスの大国化に大きく貢献したといえよう。ジャンヌを継ぐ者
シャーウッドの森の義賊シャーウッドの森に住んだとされる礼節深きアウトロー、ロビン・フッド。時代を超えて語り継がれ、人々に愛され続けている。3030義賊の弓
スパルタクス古代ローマを震撼させた、大規模な反乱。一説によると、反乱を率いた剣闘士はトラキアの王子だったともいわれる。反乱の首謀者
ディドー伝説の建国者
テンプル騎士団中世に活躍し、巨額の資産を持っていた騎士団。聖地からいくつかの秘宝を持ち帰ったという伝説があるが真実は闇の中である。聖地と騎士団と財宝
ナスレッディン・ホジャトルコに実在したといわれる、裁判官にして哲学者である賢者。多くの小話の主人公となっており、ユーモアに溢れる人物である。知恵者は何処
ヌマ・ポンピリウスローマの賢者王
ハーメルンの笛吹き男戻らずの伝説
ピカトリクス賢者の極み
ビザンツ帝国の女傑2820ビザンツ帝国の女傑
ピュロスエピロスのピュロス王はアレクサンドロス大王のあとを継がんとした戦術の天才である。その名は空しい苦闘と共に記憶されている。戦術の天才
ブルターニュの雌獅子フランス沿岸部を荒らし回り、ブルターニュの雌獅子と恐れられた女海賊ジャンヌ。彼女の復讐心は満たされたのだろうか。ブルターニュの雌獅子の剣
プレステ・ジョアンオン・ハンの鎧
ベオウルフ叙事詩に描かれる剛勇無双の勇士ベオウルフ。体は年老いても、その心は衰えずドラゴンと死闘の末、壮絶な相打ちを遂げたという。ベオウルフの兜
ヘルメス主義トリスメギストス
ポセイドン神殿に眠る宝13歴史と神話の狭間
ポセイドンの怒りポセイドンの怒り
ポトシ銀山スペイン語で「豊かな丘」を意味する「セロ・リコ」と呼ばれる銀鉱山。銀に魅せられた人々の想いが燻ぶる地である。銀山の記憶
ランスロット湖の騎士
ルキウス・ブルートゥス冷徹な「愚か者」
レメゲトンかのソロモン王の秘術や、悪魔や天使の使役法が記された魔道書。数多の知識が記されているのだが、良いものばかりとも思えない。小さな鍵
海賊女王テウタ古代ローマの時代にアドリア海の海賊を束ねていたという伝説の女王。ローマとの戦いに敗れ、その姿は歴史の闇に消えている。海賊女王の足跡
空中庭園砂嵐に隠された古の都バビロン。美しき庭園と巨大な塔のある、かの都は今も本当に存在するのだろうか。砂漠の中の庭園
最後のローマ人ホノリウス帝の命令で刑場の露と消えた勇将スティリコ。西ローマ帝国の滅亡はこの時に決定づけられたといえよう。3340最後のローマ人
深海の歯車古代の英知の粋
太陽神アテンアテン神信仰がもたらした自由で写実的なアマルナ美術は、固定化されつつあった古代エジプト芸術に新たな息吹を吹き込んだ。太陽神アテン
桃源郷武陵の山中にひそかに存在するという桃源郷。俗世に疲れ、隠遁した詩人、陶淵明の心は、かの地で癒やされたのだろうか。桃源郷はいずこ
星の記録アレクサンドリア図書館の破壊を免れ、隠されていた古代の天文観測記録。古代人は天を見て国家の命運を知ろうとしていた。古代の天体観測記録
滅びし国の物語滅びし国の物語